スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字台座 フィールドテスト 

s-フィールドでの十字台座十字台座を地表に打ち込んで水平を保つ・・・・
という表現が解り難いかも???ってことで、やってみました。

手前左に映っているトレイは、地表の傾斜が解るように置きました。
単なる焚き火なら、多少の傾斜があっても、そのまま使えば良いですが、

鍋などを置いて調理する場合は、水平に保つことが重要ですのでね。
燃焼テストは、雨天のため見送りました。
続きを読む
スポンサーサイト

十字台座を準備中 

十字台座十字台座を製作しました。
取敢えず商品化の一歩手前です。

パネルの厚さ2mm、総重量は2枚セットで、250g。
地表が平坦でない場所での火器の使用時に、安定した土台にすること、

地表を火器の熱から守ることが主目的。
雪面に打ち込んでも使えます。
続きを読む

プチかまどに脚 

十字型の高脚試作プチかまどを安定して置ける高脚台を検討しています。
写真は、試作品です。 十字五徳の大きいもの・・・みたいなもので、

軽量化のため大きく中心部を空けています。 
焚き火台を安定して置けて、プチかまどにダッチを乗せても

びくともしない、となれば、この形がベストでは???収納も楽だし・・・・
続きを読む

煙突付きプチかまどL1について、一応の結論 

s-薪を煙突つきのL1で年末に面白半分・冗談半分でやってみた煙突付きのプチかまどL1による
薪ストーブもどきですが、とりあえず、一応の結論を出しておきます。

薪ストーブとしての本来の機能である周辺を温めるという効果は、
このサイズでは、効率良くできるものでは、ありません。

暖房に機能させる上で重要なのは、燃焼できる薪・炭の量よりは、
むしろ、ストーブ内に確保できる温風の容量と、間接的に周囲に

熱を放射するストーブの表面積ですが、この2点ともコンパクトサイズのギアでは
全く不足してしまいますので、燃焼させても、激しく燃えている時のみ、煙突周囲が

異常に熱くなるだけです。
続きを読む

煙突付きプチかまどL1:続き 

s-薪を煙突つきのL1で続きです。 煙突のコーヒー缶を増やして、全長60cmにしました。  
ミニサイズの道具を造る場合、本格的なもののサイズを均等に縮小しても

上手く機能しない部分が出てきます。 プチかまどの場合、煙突がそうです。 
高低差を利用した煙突効果は、そのまま縮小すると効果が出ません。

煙突の高さは、本格的なものと同じ長さが理想ですが、とりあえず、60cmを2本
連結して120cm位を狙っています。

薪を燃やしていますが、暖をとるには、煙突など不要ですが、薪で調理する場合、
煙突で煙を上空に逃がしてやると、使い易いですね。

天板に100均のステンレストレイを使っています。
ワイヤー4本で本体にフック留めしているのは、熱で天板が歪むのを抑えるため。

トレイのステンレスが薄いので、すぐに熱で凸凹になります。
冷めれば、ほぼフラットに戻りますが、このトレイでは、上にヤカンなどを置いて

温めるのは、ちょっと不便かも知れません。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。