フリーホイールリムーバー購入(2個目) 

すでに持っているが、この前、房総往路で単独事故を起こし、
リアホイールを曲げてしまった時に、リムーバーが勝浦と浦安に
それぞれあった方が良いと思い、勝浦用に購入した。

フリーホイールリムーバー

工具が嵩張るのが嫌なので、左側のナット部分だけで、レンチを使って回すこと
として探したが、
続きを読む
スポンサーサイト

6月13日房総往路。ルート上の景色、紫陽花と長屋門 

浦安~上総興津のちょうど中間地点に山田フラワーロードがある。
小湊鉄道上総山田駅前の道をちょっと行ったところ。
安須橋から、光風台の手前の小湊鉄道の鉄橋付近までの約1kmだ。

車だと297号線を走り、養老川沿いのこのルートは通れないが、
自転車だと、国道を走るダンプを避けることができ、かつ、ちょうど全行程94㌔の
中間点で、東屋やベンチがあり、小休止やアンダーウェアを脱ぐこともできる。

ここが季節によって、桜とか、今の季節なら紫陽花が楽しめる。
勝手にこんなに綺麗に咲くわけじゃない。 管理されている方に感謝!!

山田フラワーロードのアジサイ
続きを読む

1度はチャレンジしたい房総半島日帰り往復 

先週は22日(火)、23日(水)で、一泊二日で房総半島を往復した。
95kmx2を24時間以内にやったってこと。

実は、日中に往復をチャレンジしたかった。 もう62歳で、いつまでもできることじゃないし、
これからますます暑くなるので、チャレンジするなら早目が良いと思う。

今回やめた理由は、勝浦到着後、郵便局に行く必要があり、山を下って上るという5kmを
95km走った直後にやったので、そのまま続けるのが無理だと判断した。
続きを読む

RADACのWシフトの台座が外れたので修理 

左シフトの台座が接合部分から外れた。 今回2回目。
前回手を抜いたので今回は真面目に取り組んだ。

この台座は、アルミのフレームに接着剤とリベット2本で接合されている。
リベットは、とても細いので、接着剤が主、リベットは従で仮押さえ程度のものと思われる。

接着剤は2液性のオートウェルドを使用。 これはうたい文句は溶接並み強度ということだが、
それ程ではない。 半田づけより強く、ロウ付けより弱い感じ。

オートウェルド

でも従であれ接着剤も心細いので、しっかりとつけたいところだが、リベット取付け部分のクリアランスが
狭く、リベッターの頭がセットできないのが問題点。 今回、それをクリアーできたので記録する。

リベッターのヘッド部分が大きすぎてセットできない


続きを読む

8速スプロケット、1枚外して7速用として126mm幅に利用する 

現在使っているカーボンロードバイクは、前回の単独事故により、
リアタイヤがバースト、リアホイールが歪んだため、

保存していたレトロな126mmエンド幅の7速スプロケット付きの
リアホイールと交換して、走っている。 

シフトレバーは8速インデックスなので、1速死んだ状態なのだけど。

幅は、柔軟のカーボンフォークなので
そのまま、スぺーサーなしでセットしてる。

ややこしいことをやっている最大の理由は、チューブラータイヤであり、
ホイールとタイヤの交換が簡単にできないためだ。

スペアのチューブラータイヤを使いたいなら、126幅の7速スプロケット付き
しか選択肢がない。

もともとの8速スプロケットは、130幅対応なので、
126幅のハブには使えないわけだ。

ところで、交換した7速スプロケットは、13-23T。
もともとの8速は、11-30Tということで、峠越えの多い房総縦走には

30Tがあると無いとでは、楽さが違う。

なので、8速の11-30Tの11Tを外し、7速改、13-30Tとして
使ってみようと思う。 セットしたところ
8速スプロケットの11Tを外し、7速スプロケットとして使用

続きを読む