ミレーニアに出没するキョンと鹿の食性と対策 

まあ、鹿とキョンについては食われて大ショックを受けるような
ものは植えない、というのがベストの対策だと思われ、ここに書く対策は、
ほぼゲーム感覚というか、コストをかけずに手元のもので対応しているものばかり。

25年間ミレーニアに通い、キョンと鹿の動向を見ていると特筆すべきは、
キョンの大繁殖、また夜行性のはずが、全く気にせず真昼でも餌を求めて出没し出したこと。

加えて、数が増えて餌が足らなくなってきているからだろうか、昨年まで食べなかったものを
今年は食べるようになっている。

長野では、鹿が増え過ぎて、とうとう水仙を食べる鹿、どころか、トリカブトまで食べる鹿が
出現していると、ネットに載っている。

餓死するよりは、毒でも食って、運がよければ耐性がつく・・・・といったところか。

まず、ネットで調べて大丈夫そうだったマリーゴールド
葉が茂っていたが、パセリみたいになってしまったので、ネットを張った。

全部根こそぎ食べないところをみると、匂いが嫌いなんだろうが、
腹が減ると食べる・・・って感じ。
今年のキョンはマリーゴールドも食べる



続きを読む
スポンサーサイト

シジュウカラの巣箱 

以前に郵便受けの中にシジュウカラが巣を作ったことが
2回あった。 1回は卵まで産んでいたが、ダイレクトメールなどが
ガンガン入ってくるので、羽化まで進まなかったようだった。

それで、花瓶の木箱で簡単な巣箱を作って、ユズリハの樹にセットしていたが、
今回、樹自体を引き抜いたため、巣箱も取り除いた・・・・・そしたら!!!!

中に巣作りが
中に巣作りした様子あり!!
続きを読む

水仙の球根の掘り起こし 

この時期、ガーデニングは、やること満載。
今回は、今年絶対にやると決めていた水仙の球根の掘り起こし。

そもそも、植えていたことを忘れる位に放置していた水仙だけど、
今年は、茎は沢山生えたが、花が咲いたのは、1輪だけだった。

1輪しか咲かなかった水仙
続きを読む

ユズリハの大木を引き抜いた 

いままで掘り起こした樹の中で、一番の大物。
25年育っていた ユズリハの樹を抜き取った
続きを読む

外壁の再塗装が完了。確認の立会をするが、実は前日にぎっくり腰をやってしまった。 

外壁の再塗装は2回目。25年で2回は少な過ぎるが、
両親の認知症介護で放置状態だった期間が10年あり、仕方ない。

購入時と同じ色にした。 ミレーニアは2期までしか街並みを配慮したコンセプトを
守った家づくりをしていない。 不動産不況に突入し、2期以降は、当初の計画を諦め、
更地のまま売却したり、別の業者に建売させたりしたためだ。 

したがって、今更、基本コンセプト(自分の家は、『スパニッシュ』)を守っても意味がないが、
自分としては思い入れのあるカラーだ。 桟の手直し(ガルバニウムでのカバーを含む)と
塗装で、税込約85万円也。 経済性優先というか、自分の余命とのバランスだとちょうど良い。

外壁再塗装完了




続きを読む