スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンターの社外品インクカートリッジの利用 

キャノンが数十年前から始めたプリンターを安く売って、
高いインクカートリッジで収益を上げるという商法、

過去には、業務用の大型プリンターなどを中古で購入して抵抗を
試みたが、現在、一番良い手抵抗方法は、モデルチェンジ後の古いタイプを
量販店で安く買い暫く使って、また同様のタイプを買い替えて続けること。

これをやると正規のインクカートリッジを交換するコストの1.2倍程で、
正規のインクカートリッジ付きのプリンターがゲットできます。
それで、インク切れになったら、社外品カートリッジで1~2回、やり過ごしてから
プリンターごと、モデルチェンジ後の古いものを買えば、一番経済的。

運がよければ、社外品インクカートリッジで何回かトラブルなしで使えます。

今回の社外品購入は2回目になります。価格は正規品の1/10ですね。


続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。