100均の鍬の取手を長いものに交換 

庭に堆肥枠を作って、定期的に堆肥の天地返しの必要があるが、
100均の鍬は安いが、取手が短い。 一般の鍬は、良すぎて高い。

取手が短いと、堆肥の中にマムシなどがいたら、手を噛まれそうなので、
安全なリーチが欲しいということで、このアルミパイプに繋ぎ換えたい。

20180111_135329.jpg

続きを読む
スポンサーサイト

ミニロケットストーブ2 

昨日の吸気不足を解決すべく吸気口を増設、
加えて、胴体部分に同じ口径のナッツの缶を被せ、
おまけに充填材は、バーキュライトを購入。10㍑624円。

ミニロケットストーブ2号バーキュライトは2リットル程しか
使っていませんので・・・・

10㍑しかホームセンターには
なかったので、余るのを承知で

購入しましたが、
直後に100均のCANDOで

1㍑の袋を見つけました。
CANDOをお勧めします・・・・

バーライトが思ったより
細かい粉になるので、

隙間は耐熱パテと
アルミテープで埋めました。

ボディの上下の缶は、
仮留めのためのテーピング。

これで納得すれば、ボルト留めの予定でした。

それでは火入れです。





続きを読む

小さなロケットストーブ的なもので遊ぶ 

以前から、『ロケットストーブ』と『ぬかくど』に興味がありまして、
便利なのか?と言えば、長短合わせ持つので、実用的に頻繁には
使わないでしょうけど、まずは、ロケットストーブの小さいものでも作ってみようと・・・
ミニロケットストーブの材料胴体は、定番の
ペール缶の代わりに、

粉ミルク缶、容量850g。
煙突部分は、

ブレーキクリーナーの
スプレー缶とシチューの缶。 

中央はT型に組んで
みたもの。

ブレーキクリーナーに
セットするので、

中央の縦型の
部分は予定変更で、

使いません。
続きを読む

薪ストーブとスモーカーのコンボ 

薪ストーブにスモーカーをセットして・・・・とか
書いてましたが、実際に写真で見ないと解らないと思うので、
セットしたショットです。

薪ストーブとスモーカーのコンボパイプ部分の長さと
外気温でスモーカー内の

温度が変化するので、
最適な長さというものは

ありませんが、
長すぎると作業性が

悪くなるのと、強風で
倒れる危険性が高まるので

この長さが限度でしょう。
とりあえず、手持ちの

煙突で一番短いもの
でセットしました。

上部のスモーカーの茶色の円筒部分は段ボールです。
それを百均の金網で挟んでいます。
続きを読む

薪ストーブの自作:扉部分の金具完成 

自作の薪ストーブの縦型使用時の扉の仕組みについては、
円柱の胴体に丸型の扉、というDIYにしては意欲的な構造としたため、
扉の開閉のヒンジ、ハンドル、扉のロック機構について、保留というか、検討中でしたが、

扉のロックと収納式ハンドルとても満足できる形に
仕上げることができました。

まずは、完成した写真から。
工夫したポイントは、

曲面への扉の設置ということで、
ヒンジ部分の強度の維持方法と

扉のロック方法、
及び扉のハンドルを携帯時に

邪魔にならないサイズとして、
且つ、使用時に火傷せず手で
触れることのできるものとすること。

続きを読む