スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯖の一夜干しを檜材でワイルドにスモーク 

長崎産鯖の一夜干しを檜材で燻製にまた実母のケアに京都に来ておりますが、
関西では、安心できる食材が多く楽しめます。

今回は、長崎さんの鯖の一夜干し。
スーパーで購入できる冷凍物で安価なものです。

今回は写真の上に写っている檜の端財を使って、
ワイルドに燻製にしたいと思います。

大きなラウンドスモーカー&グリルで
焚火のようにスモークにできれば、

結構面白いかも?
まず、冷凍物なので、半日放置して

室温に戻し、キッチンペーパーで水気を除きます。
今回はじめて檜材を使用しましたが、魚との相性は良いようです。



火力調整が難しいけど火力調整が難しく蓋を閉めると消えてしまう

スモークウッドのように着火したら放置するだけでOKにはならないので、
蓋を開けたり、閉めたりを煙で涙を流しながら続ける必要があります。

味の良し悪しを決めるのは、素材以外では、このガッツで煙の調整をする工程です。
半年以上屋内に放置していた檜材は湿気を含んでいたようで着火に苦労しましたが、

いったん燃え出すと、火力を抑えるのに苦労しました。
30分程普通にスモークし、勢いが出過ぎたので、途中で木材を半分程取出して、

スモーカーを被せて、空気穴を全て塞いで放置。合計1時間程で消火しました。
翌朝味見します。

<<翌朝>>
鯖のスモーク完成燻製は、絶妙な具合で出来上がってました。
焼き魚は熱いうちに食するのがよいですが、

スモークは、熱とともに水分も少し取れる
ように一晩寝かせたものが最高です。

今回は大きなスモーカー内で、空気が
通るように通気口を空けて

一晩放置しましたが、冷蔵庫内で
一晩寝かせる場合などは、キッチンペーパーで

くるんで、更に新聞紙で丸めて、
水分を吸収させると上手く出来上がります。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1020-bf36d054

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。