スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華鍋をスモーカー(燻製器)に 

実家で不燃ごみとして廃棄される寸前の鍋を救済しました

うどんすき用の鍋 アルミ打ち出しDIYの経験を重ねたり、ガレージメーカーとして
各種金属を取扱ったりして、材質のコスト、

製造方法まで解ってくると、こういったものが安易に
廃棄できなくなって来ました。 この鍋は、

子供の頃に食卓で使った記憶がありましたが、
あまりはっきりとしたものではありませんでした。

ネットで調べたところ、うどんすき用の鍋ということで
記憶が蘇りました。

関西では有名ですが、美々卯という老舗で
うどんすき料理を家族で楽しんだり、うどんすき料理セットを持ち帰り、この鍋で食べました。



結構厚みのあるアルミ製の打ち出し鍋という種類で、今でも、このサイズだと
5000円程で売っています。中古品は、ヤフオクで1000円位。

転売価格も低いので、プチ工作で再利用することにしました。

さらにもう1つの鍋は、中華鍋

ステンレス製中華鍋これは、内径が33cm程の400系の
ステンレス製です。

これも壊れようのないもので、
30年以上経っているはず。

で、再利用は、当初は、これを反射鏡にして
ソーラー調理器などを検討しましたが、

反射鏡としては、面積不足で諦めました。

次に、この中華鍋の中央が凹状になっている
ところを上手く利用できるものを検討して、

スモーカー(熱燻用)にしようと決めました。

市販品なら、こんなタイプのものもありますね。


収納だけを考えれば、直線的な形状が有利ですが、
スモークチップを加熱して煙を効率よく食材に当てるには

円形が有利です。 また、中央が凹状になっているので、
チップが中央に集まりやすく、チップの場所だけ効率的に加熱できます。

中華鍋でスモークこんな感じで塩鮭をスモークにしてみました。
とりあえず台所の換気扇下でやりました。
蓋は、うどんすき鍋の蓋を使い、

百均の網を使い、チップは鍋を汚さないように
アルミフォイルに載せています。

熱源にG's Stoveを使っているのは、
家庭用ガスコンロが鍋の空焚きをすると

安全装置が働いてガスが止まるからです。
尚、ガスボンベを利用する場合は、このように

鍋からボンベが離れる構造のものを
利用する必要があります。

ボンベがバーナーの真下に直結しているタイプは、ボンベが加熱され危険です。


使い終えたチップと、完成した塩鮭のスモークです。

スモーク材の燃え後スモークサーモンのできあがり



中華なべとうどんすき鍋は、Rがほぼ同じサイズのため、嵩張らずスタッキングが可能なので、
これから、うどんすき鍋を細工して、鍋2個で燻製器を完成させる予定です。






関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1040-cbce687a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。