スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当て逃げ車両らしきものを特定しました。 

加害車両の候補当て逃げされた介護施設の駐車場は、
ディケアに定期的に通うとか、

施設に入っている家族の見舞いに
来る、といったリピート性が高いので、

①青色で②右後方フェンダーあたりに
凹みと③私の車の白いペイントのついた

車で、④事故現場の駐車スペースを
若干避けて駐車をしている車を

昼食時とかに見て回っていると、

裏の駐車スペースにドンピシャなのが留まっていました。

このフェンダーの擦り傷、よく見かけると思うかもしれませんが、
良くあるのは、左折時に左後方のフェンダーを擦ることで、

このように右後方のフェンダーは、狭いところで右折をするという、レアケースじゃないと生じません。

取りあえず、可能性があるだけなのですが、当たりどころはドンピシャっぽいです。
小さな物損事故なので、TVのように科捜研が出てきてくれて塗料で特定なんて無理lですが、

車の所有者に事情を聴くくらい、さっさとやってくれるのか?と思いきや、
通報すると近くの派出所からお回り巡りさんが来て、ナンバーだけ控えて、

公道での事故じゃないので、道交法で聴取のようには簡単にできず、
かつ、目撃者もいないので、自分の立場で何もできない⇒刑事課に任せる・・・

ということで帰って行きました。
小さな事件なら、こんな感じで無視されるのかな????自力lで加害者らしき車まで

特定したのに、警察って何???? ってところです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1048-e3ad15bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。