スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風19号に備えて大き目の庭木を強剪定 

昨日までは、一般の庭の手入れとして、草刈り、
フェニックスやソテツの剪定をやっていましたが、

ふと、超強力な台風19号が来るのに
P1000145.jpgこれでいいの???
と気になりだしたのが、

この大きなソメイヨシノと、
玄関側のユズリハの木。

人間にはどうしても、
『安全バイアス』が、

かかるようで、映像で
大木が根本から倒されているのを見ても、
『自分のところでは起きないだろう・・・』と思ってしまいがちですが、



私の住む浦安の目と鼻の先にある中央公園では、
この3年間に台風で大木が何本も根っこから倒されています。

それも2,3本は立派な桜の木でした。
桜って、一般的には、剪定しないので(切り口から弱る)、

強風をもろに受ける樹形になってしまうわけです。
結果論ですが、中央公園の桜は、台風に備えて剪定していれば、

綺麗な大きな桜を失うことは無かったわけです。
また、倒されてしまったら、片づけの労力が半端じゃすまなくなります。

ということで、強剪定をすることに、

ゆずり葉の枝ユズリハは
柔らかい樹ですので、

剪定も、シュレッダーも
比較的楽です。

これで枝の直径が50mm位。
20mm径を超える部分は、

シュレッダーできません
ので、別途乾燥させて薪として使います。3本ほど枝を剪定しました。



桜の枝60mm径桜はユズリハより
数段大きいので、

枝も、こんなのを5本
カットしました。

これで直径60mm程。
桜は、カットした断面に

腐敗しないための処置が必要です。



必須です。チューブで押出して、そのまま塗れます。

ユズリハのシュレッダーダストは、庭木の養生用に撒いて、
シュレッダー出来ないサイズは薪として使うだけですが、

桜をシュレッダーにかけたものは、スモーク用のチップとして
とても有効に使えます。

ということで、大きな枝も、斧で細かくしてから、
全てチップにしましたところ、100㍑位できました。
桜チップが満載 多分100リットル
自分の庭で、殺虫剤、農薬などを一切使用して
いませんので、桜の葉、樹皮まで全てチップとして

使えますので、とても強い香りが残っています。
でも100㍑は、多すぎます。 

これから乾燥させるのも大変ですし・・・・

ということで、これも1回ヤフオクに出してみますよ~~
ソテツと同じやり方にします。

10/13追記:
こちらもヤフオク1日で落札頂きました。80サイズ1箱分、在庫が減り、
少し場所をとらなくなりました。 





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1074-ecbf0115

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。