スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャックハンドルを失くしたようなので、 

昨年6月にヤフオクで入手した大型の日立(工機)製ドリル
のチャックハンドルが見当たりません。
650回転13mmBU-PN
どこかに収納してすっかり忘れてしまったのか?
整理整頓ができないため、情けないですが、安いものなので
新たに購入します。

買ったら、出てきたりするものですが・・・
チャックハンドルって、こんなのです。


安いですが、2個あっても仕方がないものですので・・・
で、割り切って購入するにしても、チャックハンドル自体、
ドリル本体がJIS規格であれば、チャックの規格を合わせれば
他社製品でも適合しますが、それでも規格が小から大まで8個位あります。

ドリルごと持ち込んでサイズ合わせをするのがベストですが、
重たいです・・・鉄アレーなみに10kgを超えている気がしますので、

ドリルチャックだけ外すことにします。 ドリルチャックだけでも13mmサイズなので
1kgを超える重量がありますが・・・・

ドリルチャックは、本格的なドリルの場合、本体の軸がテーパー状に
なっていて、そこに挿しこまれています。

外す方法は、ネットで調べると本体とチャックの間にくさび型の木片を入れて
叩くような方法が載っていましたが、大切なドリルの軸に横方向から

ショックを与えるなど、論外です。本体の軸からまっすぐに抜くことを
考えます。 幸い、以前、ボール盤のプーリー加工のためにプーリー
プラーを購入しましたので、流用してみます。

プラーで押す部分は、ドリルチャックの奥の中心点ですので、
プラーの軸は届きません。エクステンションとしてボルトを挿入します。
奥の軸まで届くボルトをセット

そのボルトの頭にプラーのセンター軸をセットし、
ドリルチャックの底辺部分に爪をセットして、
センターを押しながら、爪でドリルチャックを引上げます。
プーリープラーを流用して

なかなかの力仕事です。最後はバカッ外れて
ドリルチャックがモーター軸から外れます。
チャックをはずしました

で、このドリルチャックだけ持って、ホームセンターで
適合を確認、 めでたく、これを375円(税込)で購入。
適合するチャックハンドル

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1087-5466c7be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。