スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brompton16インチタイヤ>STRIDA(コピー品)16インチタイヤの謎が解けた 

Brompton16インチタイヤがSTRIDA(コピー品)16インチタイヤより大きい謎、の続きです。
その前に、調整ついでに近くの郵便局までDELTABIKEに乗っての帰り途、
左のペダルが真円を描いていないような気がしてきまして・・・あれっと言う間に
運転中に落ちたペダルクランク
ペダルがクランクごと外れて落ちました。
こうなると、何が起こっても『中華もんだからか?』と
考えてしまいます。

BROMPTONより小さい16インチも、中華もんだから?

だって、
made in china の服ってLサイズが実質Mだったりする・・・生地をケチっているんだろうな、

だって、
made in chinaの乾電池って、日本製より、内容物が5~10%少ないのは良く知れていること、

だって、
made in chinaのデジタル時計を百均で買ったけど、45分で1時間を刻んで回っていたし・・・・

などとも考えてしまいます(笑)。

でも、最初に疑ったのは、2重規格があり得るかも?ということで、
思った通り、原因は、WO規格とHE規格の違いでした。

簡単に言うと、HE(米国)規格では、太めのタイヤを履くことを前提に
ホイール径+タイヤ縦幅=16インチとなるホイール規格を使うので、

WO(英、仏)規格より太めのタイヤを前提とする分、ホイール径が
小さくなるということです。

で、この点は、
WOとHEで検索しただけで、解りにくい説明がいっぱい見つかってしまいますが、
こちらに完璧な解説があります。 ブログ主に了解を頂いておりますので、紹介します。
自転車タイヤのサイズ表記の見方!サイズ確認の注意点は?

ちなみにこの記事を読んだ前提で私のBROMPTONとSTRIDA(コピー)のタイヤサイズを記録すると、
ETRTO基準で、それぞれ、タイヤの太さ(ミリ)とビート径(ミリ)で、37-349 40-305となります。

それで、中華もんSTRIDA的な自転車も、それなりの規格に沿っていることは解りました。
ただ、BROMPTONとの径の差4cmは結構な違いになります。

折りたたみ自転車でも、大き目のタイヤが良いですね・・・・と探すと、
STRIDAにサイズアップしたホイールのものがありました。変速ギア付きです。

STRIDAはユニークな折りたたみ方式のため、タイヤサイズアップが
収納時のコンパクト性を損なうことがほとんどないと思えますが、

これってフレーム長は、16インチのものと同じなのでしょうか?
未確認ですが、同じなら収納性はOKですが、全体のバランスがどうなのか?
操作性がどうなるのか?(ホイールベースが短いので)興味津津です。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1093-873a0047

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。