スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽STRIDAのクランクボルトが、また緩みだして・・・ 

現在、偽STRIDAを集中的に使い問題点を確認中です。
使えるようなら輪行などでも利用を考えたいし、それなりに手も加えたいのですが、

その価値もないような出来栄えなら早めに諦めたいと思って見極め中です。
今日は、買い物に行く途中で、以前外れた左のクランクボルトが緩んできました。

運転中に落ちたペダルクランクこれは

以前のショットですが、

BBにクランクをセットし

そこを固定するボルト

が緩んできました。

六角レンチで

固定するタイプの

ボルトです。

偽STRIDA(多分、無印での同じ製造者の横流し品)なだけに、
不具合があった場合、STRIDA特有の問題なのか、

偽STRIDA故の低品質の問題なのか? の確認に
やたら手間取ります。

今回も、以前自分で使っていた何台もの自転車では、
クランクボルトが緩んだ経験などないし、

興味本位で苦労して分解したものでも、
クランクボルトは緩みにくい細いピッチのネジだったような

記憶があるし、左クランクのボルトは、クランクの回転で
緩まないように、逆ネジだった記憶があります。

ところが、私の偽STRIDAのクランクボルトは左右とも順ネジ。
そして、どうやら、真正STRIDAのクランクボルトも同じようです。

本日は、出かける途中の交差点の信号待ちの都度、
クランクボルトの緩みを確認し、途中で1度締め直しをしました。

ネット上では、STRIDAのクランクボルトの緩みの記事は見つからない
ので、単に個別の不具合かも知れませんが、ネジかネジ穴の

精度不足なのでしょうね・・・・・とりあえずの対応というか、
多分唯一の実用的な対応
(BBとクランクを真正のものに交換するくらいなら本体ごと諦めるから)

として、ネジの緩み止めを注文しました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1103-9a9d6e49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。