スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッドバイクCHACLEのハンドル回りのチューンアップ 

CHACLEのいわゆるフラットバーに細工をします。
前回シフトレバーのどうしようもなボルトを壊してまでシフトレバーを
動かせるようにしたのは、このためです。 
まず、フラットながら、グリップ部分はハンドルポストの高さから+20mm程あがっています。
左右を反転前
このままだと運転の姿勢が棒立ちに近いので、もろに風を受けます。
ドロップハンドル並みではないにしろ、少し前傾姿勢を取りたいので、
ハンドルを低くする方法を考えます。

簡単なのは、このままハンドルを回転させて両端が下がる位置にすることですが、
そうすると、ハンドル両端がV字型に前方方向を向きますので、グリップし辛くなります。

そこで、ハンドルバーをポストから完全に抜いて左右を逆にセットしてから、
上下に回転させてみると、このようにハンドル位置が変更前との比較で
40mmほど下がり、グリップの角度も変更前と変わらない状態になります。
左右を反転後
これより低くするのは、ハンドルそのものを交換するか、ハンドルポストをカット
するしかありません。 とりあげず、これでしばらく使ってみます。

尚、ハンドルを左右逆に着け替えるために、グリップ、シフト、ブレーキレバーを
全て外す必要がありましたが、ついでなので、バーエンドバーをセットしました。

取付は、写真のように、バーエンドではなく、クワガタの触角のような位置にしました。
この方が、自然により深い前傾姿勢に移動でき、かつフラットグリップにすぐ戻れます。
ブレーキレバーへの移動も早いです。
ハンドルの反転とバーエンドバーの取り付け

エンドバーはアルミ製、長目のものとだけ決めて中古も含め調べましたが、
一番安く入手できたものは、ヤフオクでの新品・長期在庫物で、商品820円、
送料390円の合計1210円でした。

本日、平均時速15kmで浦安~墨田区江東橋まで往復しました。
計30km程でした。 途中、葛西海浜公園から葛西橋までの
サイクルロードを利用でき快適でした。 

エンドバーというか、ミッドバーの効用ですが、
手首ひとつ分ほど前方へ上体を倒すような姿勢になれるので、

たまに速度を上げるときには有効です。
他には、多分、日常の買い物で、コンビニ袋をぶら下げて走れます。

最後ですが、ハンドルにはTANNUSの衝撃が結構きますので、
ミッドバーにラバーかテープを巻きたいところです。

蛇足ですが、今回墨田区までのルートを決めるためにNAVITIMEで検索し、
<<自転車ルート検索>>というものがあるのを初めて知りました。

優れもののです。

蛇足の蛇足

偽STRIDAでは、ママチャリに抜かれていた私でしたが、
本日は、なんとこのハイブリッドでも、ママチャリに抜かれました。(汗;;;)
ファイっ!!



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1120-10890662

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。