スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスバイクのフラットハンドルに取付けたミッドバーグリップの回り止め 

フラットバーの途中にセットしたためにバーエンドバーならミッドバーと呼んでいる
グリップですが、とても扱いやすく、前傾姿勢を取り易いので、このまま使うことにします。
ハンドルの反転とバーエンドバーの取り付け
ただ、グリップに体重を預けるようにぺダリングを続けると、
徐々に左グリップが前向きにズレることに気づきました。

これは、構造的な問題で、グリップがフラットハンドルを
巻くようにボルトで咥えているだけで、かつ柔らかいアルミ製
なので、装着時にピッタリでも徐々にアルミが伸びて緩んでしまいます。

ボルトの位置もこの状態で固定して良いと判断し、グリップの固定化を
はかります。 簡単で、安上がりで、しっかりと固定できる方法・・・・・

裏からグリップ部分に回り止めのピンのようなもので、グリップと
ハンドルバーを共締めすれば良いわけで、

自転車を逆さにしてグリップ部分を見てみます。 ここに細工を
しても通常の使用方法では見えませんし、触れることもありません。
加工箇所のアップ

候補は、タッピングビスかブラインドリベットを検討し、
振動の多い自転車でビスでは緩んで落とす可能性が高いので、
ブラインドリベットに決定。

グリップはアルミ製、ハンドルは薄いクロモリなので簡単に
穴が空きます。
ミッドグリップバーにドリル穴

リベットをセットして収まり具合を確認
ブラインドリベットを立ててみる

グリップ部分が平面でないので、リベットの頭の収まりが悪いので、
座グリとか言ったような???? ヘッド部分の凹みを10mmのドリルで作ります。
ブラインドリベットが埋まる穴

出来上がり
ミッドバーをリベット留め

最後に活躍した工具たち、特にブラインドリベッターは、これがお勧めです。
お勧めリベッター

楽天だと、こんなやつです。片手で使える見なれたもの対比、
2倍の価格ですが、これは頑強でCP高いです。 

これに辿り着く前に、片手で使えるものを3個壊しました。






関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1127-cd5803ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。