スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤子とジャイ子とインドア母』のための爺の1泊2日キャンプレポートその2 

帰宅して一泊したので、疲れも癒え、キャンプレポの各論に入ります。
まずは、テント。

風に強く、設営が楽なテントということで、急遽、購入したこのティピィ型、モノポールテント。

強風の中、一人で設営できるファミリーサイズとなると、
ティピィタイプしかないと思いましたが、正解でした。

ドッペルギャンガーは、スポーツ用品全般で言えば、安いが、品質は???壊れやすい?
的なところを心配もしましたが、大変役に立ちました。

グランドシートですが、

テントと比べれば、割高なシートもテントと揃いのおしゃれな色なので、良いでしょう。
もっとも、このパーツが一番早く痛むと思うので、流用品でも良いかも知れません。

ブルーシートなどの流用品を使う場合は、全く同じ正六角形に成型するのではなく、
正六角形の線引きをしながら、開口部分だけでものりしろを大きめに残せば、
使い勝手が良いと思います。 

テント自体の入り口部分に軒先になる部分がないためです。

設営したドッペルギャンガー ワンポールテント T5-47(写真右)と長方形のタープ(左)
ティピィとタープ
左のものもティピィっぽく見えますが、反対側は全面的に開いています。
雨模様だったので、タープ内で火を使えるような工夫をしました。

T5-47内の赤子とジャイ子を寝かせる工夫ですが、
T5-47のインナーテントは、メッシュ付というより、メッシュそのもので
風をシャットアウトできません。 構造的には、アウターというロングスカートの
内側は、メッシュのパンティ!! みたいな構造です。 
ロングスカートの隙間から進入した風が防げませんので、テントinテントとしました。

ティピィの中にも二人用テント

内側に2人用のテントを設営したところ。 インナーしか使いませんが、
完全に風を封じることができます。

T5-47の内部を半分ほど占有してしまいますが、
寒い季節には良い方法だと思います。

結果としては、4月3日は暖かかったので、なくても済んだとは思いました。
豆炭あんかと3WAYケトルの湯たんぽまで用意しましたが・・・

明日は料理編のアップ(鯛焼き必読!!)をします。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1136-681011a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。