スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤子とジャイ子とインドア母』のための爺の1泊2日キャンプレポートその3 鯛焼きなど 

まずは、上手にできた鯛焼きのショットから
なんちゃって鯛焼き
誰がやっても失敗しません。アンコもたっぷり、生地から
はみ出すこともありません。
今回は、鯛焼き器とホットサンドメーカーを両方使い、重宝しました。
もちろん、孫には大好評!! その作り方ですが・・・・

ホットサンドと同じです。 溶かした生地を容器に流し込む、なんてやりません。
食パンを鯛焼き器の上に置いて、アンコを置いて、もう一枚の食パンで挟んで、

鯛焼き器をギュッと閉めて、鯛焼きの型に食パンを変形させ、はみ出た食パンを
ナイフでカット、その後、再度、鯛焼き器を閉めて、両サイドに焼き目を入れればOK。

綺麗な焼き目と香りをつけるために両面に溶かしたバターをハケで塗れば
さらに良い感じになります。

パンをはみ出すように置くために、一度に1個しか作れません。
コツは、小さめの鯛焼きの型を使うこと。 でなければ、型が食パン一枚より
大きくなってしまい、鯛に切れ目が入ってしまいます。

この作り方の最大の利点は、生地が最初から食パンで出来上がっているので、
アンコが鯛からはみ出てしまう恐れがほとんどなく、沢山のアンコを詰めて
作れること。 パンも小麦でできているので、出来上がりの食感はとても良いです。

ホットサンドをランチにして、鯛焼きをおやつにするだけで、道具、材料は
共通にすることができて、手軽です。 カレー好きなら、カレーパンのような
鯛焼きも作れます。 お試しあれ!!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1137-0975d27d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。