スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーチボレロでエンジン警告灯が点灯 

後日のための記録簿です。

家人の買い物車として利用しているマーチボレロでエンジン警告灯が点灯したとのこと。
車は既に10台以上乗り継いでいますが、エンジン警告灯の点灯は初めて。
どんなイベントで点灯するのかをハンドブックやネットで調べて、
もっとも軽度なエラーはセンサー(O2センサーなど)の異常、重度はいろいろ・・・・
で、いつもの修理工場の社長に電話すると、走行に異常を感じなけりゃセンサー故障だけど・・・・と
言われたが家人が運転しているだけで、自分は運転していないので何とも言えず、とりあえずドッグ入り。

翌日電話で、
『チェッカーで調べたら、エラーコードは、スロットルセンサー故障』
『でも、リセットしたら、その後は警告灯も消えたままなので、とりあえず様子見で乗ってろ』


とのことで、ドッグ入りの翌日にそのままマーチを引き取りました。

引き取り時に
『運転中にイマイチ吹けないとか、アイドル回転が安定しないなどの症状』が無かったか?
と尋ねられましたが、

『かみさんが運転しているだけなので、・・・』
『うちのかみさんの場合、タイヤがパンクしていたのにバタバタ音を出して2日間車を
走らせていても気づかない感性なので・・・』
『車が動かなくならない限り、異常だとは解りません・・・・』

と説明して、社長は納得したのか、冗談と思ったのか????
本当の話ですが・・・しかも言わなかったけど、パンクに気づかず・・・は、3ヶ月の間に2回ありました。

ちなみに一般的な車の機構の説明でしたが、
スロットセンサーが異常値を検出すると、通常は自動的にフェイルセーフモードになり、
最低限の安全な走行が可能となるようなスロットル制御になるということです。

次回センサー異常となれば、センサー自体を交換しましょう・・・とのことでしたので、
記録に残します。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1158-e58a1701

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。