スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPDビンディングペダルで初めて走ってみた 

初めて以下の組み合わせで市街地を走ってみた。
ペダルは、ノーブランド中古品、サイクリーの通販でゲット
spdペダル(ノーブランド送料込み1800円)

クリートは、wellgoのWPD-98A
シングルクリートをマルチクリート化いわゆる
シングルモードのクリートだが、

ビンディングペダルに付いていたもの

これをマルチモードのクリートのように
エッジをR加工

写真左が加工前、
写真右が加工後

で、SPDシューズとしては、一番スニーカーに近いとの
謳い文句のSPDクリッカーと称して売っている中のこれ



で、初乗りの感想ですが、

ビンディングペダルの装着は、両面クリートということもあり、
とても楽です。 数回やれば、まず、ペダル面を見ることも無く
スムーズにセットできるようになります。

外すのも、とても簡単。 装着が楽なので、気軽に街の交差点手前で
用心のために外すことができます。

この点は、ペダルストラップ式が手でストラップをセットする補助が
必要なのに比べてとても楽です。

次に、靴の履き心地ですが、

クリッカーシューズは、他のタイプと比べて
『スニーカーに近く柔らかい』、というふれこみですが、

やはり靴底部分は、つま先からかかとまでが、やや固いです。
クリートの脱着操作のために必要な硬さは、靴の前方の1/3程度

だと思うので、靴底全体を固く仕上げている理由は、
『クリート部分だけで、点でペダルに繋がっている感覚』を
薄めるため、足裏全体で一体感を持たせるためかと思います。

この、スニーカーよりやや硬め、という点は、ペダリング時には
苦痛ではないですが、自転車を降りてそのまま歩けるか?と
いうと、革靴より楽だけど、スニーカーほど気楽ではありません。
スパイクシューズですからね、

屋内だとフロアーに傷をつける心配があり、
屋外だとクリートを削ってしまいそうです。

足もクリートをかばって不自然な重量配分になりそうです。
自分なら履き替え用のシューズを別途用意するでしょうね。

最低でも、クロックスを用意しておきたいところです。

クロックスと言えば、こんなのが今はあるようで、






 


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1163-e22dbdba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。