スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそくチューブとタイヤを交換しました。 タイヤは25cのパナの全天候ものです。 

まず、KENDAの23Cのタイヤからチューブを外しました。
チューブ単体で水に漬けてピンホールの所在を確認。
ただ、チューブの穴に対応するタイヤの部分には、刺さっているものが見つかりません。

小さ過ぎて見つからない???と思われます。 とりあえず、スローパンクのリピートは
避けたいので、パナの25Cに交換します。 



パナは、ユーザー評価でビートが硬く、
嵌め込むのが難しいとのことで心配しました。 
過去には他の自転車で、チューブの交換時に
リムで挟んで、チューブを破損したことが数回あります。

ただ、今回は、このタイヤレバーがなかなか良くできていて、

とてもスムーズに作業できました。
やはり、道具は選ばないと・・・これは100均とはだいぶ違います。

タイヤの使用感は、こんなに違うものか?とびっくりするほど。

今回のものは、トレッドパターンがしっかりしている全天候型なので、
滑らかな路面では、やや重いです。

一方、歩道の段差や舗装路の継ぎ目を越える時は、
ショックをしっかりと受け止めて柔らかく乗り越えます。

私の場合、路面が濡れているところや砂が広がっているところも
走ります。 走るコースももっぱら市街地なので、こちらの方が良さそうです。

<追記9月4日>
ちなみに交換時のODOメーターは走行1350kmでした。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1175-0e2e5b37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。