スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治川~山科川を下調べに走ってきました。 

宇治川沿いを観月橋まで、2回目のサイクリング
観月橋から山科川沿いまでの行程をできれば確認するつもりでした。

宇治川沿いのサイクリングコースは、
御幸橋の駐車場から上がって青い矢印の方向に進むのが
一般的な宇治川沿いのサイクリングコースですが、

河川敷の黄色の矢印を進むと自動車道を一切使わず、かつ
京阪の踏切をパスすることができます。
御幸橋の駐車場から
ただ、堤防の内側で見晴らしが悪く、路面は砂が薄く広がっていて、
タイヤによってはグリップを失います。

こんな道です。前方が御幸橋方面
河川敷ルートの様子

ただ、この下のルートを通ると1号線を越える時の僅かな迂回路以外は
観月橋まで全て自転車・歩行者専用道路で走行できます。
ゆっくり家族で輪行をするには良いルートでしょう。

観月橋に着きました。橋を渡って川の右岸側です。
(右岸、左岸は、川を上流から見た場合の方向で呼びます)
観月橋右岸
ここは、京阪宇治線の観月橋駅があるため、駅前の無断駐輪の問題が
大きいようで、写真にもあるような警告看板が橋の両端にあります。

そのため、本来は、本流たる宇治川と支流である山科川のルートは
スムーズに連絡しているはずですが、自転車で直接乗り入れて繋がらないように、
ゲートが設置されています。

上の写真の左側にありますが、ズームアップすると、

連絡を阻むゲート
こんなの初めて見ました。
ハンドル幅のあるママチャリやクロスバイクは通過できません。
ロードバイクはハンドル幅が狭いので、自分は、やって見ましたが通過できます。
このゲートには、『自転車通行禁止』との表示は無いのですが、
如何にも『通っちゃダメ!!』と宣言されているようなゲートです。

この先を反対から見ると
下流から上流を見る方向で前方に駅、上下2段の観月橋
宇治川右岸から上流をみる。奥は観月橋駅。上下2段の橋が合わせて現在の観月橋

で、この手間がヘアピン状に180度曲がって、観月橋の下をくぐって
観月橋を反対側から見る。手前が山科川上流
手前が山科川沿いにそのまま繋がる宇治川の右岸の上流側です。

と全体の宇治川と山科川の沿道の配置が解ったところで、
あの狭いゲートを通るか?、迂回するか?ですが、

人の通行料次第でしょうね、迂回する場合は、一旦踏み切りを渡り、左折して
宇治川の下流に向かいます。 

そしてもう一度踏み切りを渡って戻り、宇治川の沿道に戻るルートがありますので、
宇治川右岸沿いのルートに入り上流に向かえば、観月橋を潜る写真の場所に繋がります。

これは、地図ではよく解りませんでした。今日行ってみて、往路では解らず、
京阪宇治線沿いに自動車道を400m程上り、やっと山科川にかかる橋をみつけ、
山科川沿道に入り、そこから観月橋まで下って、この繋がりを見つけました。

本日は、正午前に自宅近辺での所用があり、ここまでで帰路に着きました。
次回は、いよいよ山科川沿いを走ります。

ついでに、何故、この無骨な機能だけのような橋を観月橋と呼ぶのか?
京都の他の橋、例えば嵐山の渡月橋などと比べてみると、不思議でしたので、
ネットサーフで調べました。
歴史については諸説細かいところでは違っていますが、⇒観月橋(豊後橋)










関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1182-2cb448c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。