スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日続けて琵琶湖に行く前に、ロードバイクのチェック・・・ブレーキパッドが亡くなってる!! 

このところ、自分的には激しく走行距離を稼いでいるので、
3日続けて長距離を走る前に、ほとんどやっていない点検をすることにしました。

気になり出したのは、ブレーキパッド。 
磨耗が進んでいるので、ワイヤーをもっと引かなければ、効かなくなってきています。

また、走行中にタイヤがキュッキュッと鳴くようで、リム周り、スポークも心配です。

まずはパッドですが、手が汚れるのでいままでは上から目視で点検していましたが、
現状のパッドは、どこまでが摩擦材のゴムで、どこからがベースの金属かセラミック?か
解りません。 色分けしていれば良いのですが・・・ で分解して調べると

ロードバイクのブレーキパッド
すでに摩擦材の部分が擦り切れて亡くなっています。

これじゃ砥石をホイールに擦り付けているようなものです。
早速、amazonのお急ぎ便で注文。
次回以降メリットのある摩擦材だけ交換できるタイプにしました。

これは、摩擦材が黒、ベース部分がシルバーなので、パッドの残量がよく解ります。
効きの良さは、購入者のレポートでは高い評価ですが、
まだしっかり試せないまま夜になりました。

それにしても、実家の場合、坂の上なので、御幸橋からのサイクリングに
行く場合は、家からの最初の1kmは、前後ともブレーキをかけっぱなしで
坂を下ることになります。 これがパッドの磨耗の原因の大半でしょう。

せっかくカートリッジ式で摩擦材が換えれるので、レイン用、晴天用、とか
ハード用(強く握る必要があるが、パッドの磨耗が少ない)、
ソフト用(軽く握れば効くが、磨耗が早い)等のチョイスがあれば最高だと
思います。

ついでにワイヤーの点検、
するとまたしても、リアディレイラーに続くワイヤーが折れ曲がっています。

またシフターのアウターワイヤーが折れてきた

まだアウターが長いのでしょう。 もう一度短くしました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1191-f4d423bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。