スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロードバイク:中国製部品のトラブルあるある:ボルト、ナットの不良品 

9月24日、京都というか関西地方は早朝から雨なので、
サイクリングに出ず、メンテナンスすることに。

サドルをシートポストごと外してきました。
シートポストとシートを固定するボルトのネジ山が不良
矢印の六角の凹穴のあいたボルトが強締めできれば、自転車に付けたままで
良かったのですが・・・・

さすが中国製のボルト!!アーレンキーが奥まで入りません。
六角穴くらいきっちりと切って欲しいものです。

ゆるくなら回せますが、それでは、サドルがぐらつくのを修正できません。
どうしましょう? ボルトごと交換が王道ですが、それは、ついでの時に
することとして・・・・・

緩めることはできたので、
まずボルトを外して、外したボルトの六角の凹にアーレンキーを立てて、

アーレンキーの端からハンマーで叩き、凹に強引にアーレンキーをセットさせます。
で、アーレンキー付きのボルトをサドルにセットして完了。

次は交換用タイヤの入荷街で、それまで、なんとか持たせたい後輪のタイヤ
汚れをとると、ツルツルなのがよく解ります。 さらに写真では解りにくいですが、既に
路面との接地面がR状ではなく、平面化してきています。

また、何か鋭利なものも刺さっていて、
つるつるのリアタイヤと何か刺さっているもの
これは、ニッパーで剥がしました。短いものでしたので、チューブへの影響はなさそう。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

手直しでかえって

高くつくかも知れませんよ
今のはまり具合なら
パナソニックのフレームまで
純国産ロードなんかおすすめですが
銀ちゃんはブランドで台湾製のビアンキ
3台とイタリアのがやっと一台
最初からイタリア製買えば良かったと
後の祭りですが
(-`_´-*)ノ.:゚+

で、今はぜんぜん乗らないんですが

Re: 手直しでかえって

> 高くつくかも知れませんよ
> 今のはまり具合なら
> パナソニックのフレームまで
> 純国産ロードなんかおすすめですが

ツールから入りがちなので、注意が必要ですね。
乗り物全般が大好きなので、折りたたみ物には随分と金をかけました。
ロードは、いまのところ友人の中に詳しい人がいないので購入意欲に火が着かずに済んでます。(笑)
それに、軽量化については、自身の体重を10kgほど減らす方がよっぽど効果があるので・・・

ただ、キャンプがらみで、バッグ類、キャリア、トレーラーなどには興味を持ってしまい、
ちょっと危ないかも?

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1193-da456177

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。