スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンドバーが回転するので 

2015年10月20日です。
2ヶ月ぶりに実家(京都)から自宅(浦安)に戻りました。

実母の危篤で、看取りのつもりで帰省していましたが、
施設で、看取りの手続き書類を済ませて2ヶ月介護している間に母は復活しました。
まあ、認知症で意識は薄いですが・・・

で、長く乗ったロードバイクを京都に残して(走行は3500㌔程になりました)、
こちら浦安では、TANNUSを履いたハイブリッドバイク(日本的呼称ではクロスバイク)に乗ることになります。

まずは、帰省前にガタがきていたエンドバーの修理から、
このクワガタの触覚のように前方に出たバーですが、前後方向に回転するのは
ハンドルとのカシメ部分をブラインドリベット処理をして解消していますが、

左側のエンドバーのみ、ハンドルにカシメた部分と黒い取手部分の
境界で、横方向に回転するようになりました。

ハンドルの反転とバーエンドバーの取り付け


仕方がないので、エンドバーのブラインドリベットを削り取り、
いったん外す作業をします。 エンドバーの構造がこのままでは
解らない(ボルト止めなのか、ネジのように回転させて止めているのか)
ので、外してから調べます。

ハンドルグリップも外して、ブレーキレバーも外して、
いったん、エンドバーを分離しましたが、

なんと、ボルト止めかと思った部分は、接着剤で固定しただけだったようです。

エンドバーの取手がぐるぐる回るのでクロスバイクから外してみると

これじゃ取手が回転するどころか、下手をすると握ったままハンドルから抜けていたかも?
この部分もブラインドリベット処理を2ヶ所でやり、再度、取付けました。

本来なら、緩んでいない右のエンドバーもやるべきですが、様子見です。
今回、エンドバーの構造が解ったので、右のエンドバーをリベット処理する時は、

ハンドルから外さず、付けたまま、リベット処理できます。

<追記>
翌日に、右のエンドバーをそのまま付けたまま裏からブラインドリベット処理しました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1211-6b3466e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。