スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロンプトンのリアブレーキを何とかしてみよう:構想編 

購入したままでは、全く効かないとの定評のあるブロンプトンのブレーキ。
私も最初はとても驚き、ネットを探って、アメリカのチューンアップ業者から
前輪のみVブレーキへの変換キットを導入した。

他のブログで見たことがないので、披露しておきますが、
この業者は、もう見当たりません。
当時マウンテンバイクでVブレーキの効きの良さを痛感していたので、

何も解らず注文したが、フロントフォークごと送られてきた。
よく考えれば当たり前だが、フォークにブレーキのボルト穴が必要なため
フォークごとの交換となる。

フロントはフォークごと交換してVブレーキにしてます

加えて、ブロンプトンにVブレーキは利きすぎて、慣れるまでは随分危ない
急ブレーキとなった。 

実は、このVブレーキのため、今までは、リアブレーキについては放置していた。
滅多に使わない自転車だったので、それで良かった。

が、これからは、もっと使うつもりになったので、改善できる点は改善して、
リアのキャリパーブレーキの交換に踏み切る。

Brompton専用のデュアルピポットキャリパーを取り寄せれば簡単だが、
送料含めて6千円オーバー!!! 費用対効果を考えると退いてしまう・・・・

ネットで調べると、Bromptonのリアブレーキはワイヤーが下引きなので、
一般のものはそのままでは使えない、とか、折りたたみ時に純正でなければ、
干渉するとか・・・

確かに、リアキャリアーなどもギリギリなので、簡単ではなさそうなのだが、
リアキャリアーって、一度も使ったことがないので、フロントキャリアシステムを
作ったことだし、軽量化のため、リアキャリアーは外しても良いし・・・

ということで、他社製品での流用を検討してみる。
もともと付いていたものを外したが、こんな感じ

リアキャリパーを外したところ

このような単純なキャリパーならワイヤーを通す部分のパーツを上下逆にすれば
上引きを下引きにするのは簡単そうなので、こんな感じのデュアルピポットを
探すことにした。 あと注意すべきはアーチ長とセンターボルト長くらいか

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1241-1d961a0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。