スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bromptonのフィンガークランプの小細工 

Bromptonを多用することになると、一番対策しておきたいのは、
フィンガークランプの安全対策。
これは10年以上前に購入した時から心配していました。
出先でフィンガークランプを紛失したり、いたずらで持っていかれれば、大変!!

10年前には自分でできなかったことも、今はできるようになってるし、ブログで
他のユーザーのアイデアも参考にさせてもらえるので、このようにしました。

前後輪をつなぐチューブ部分はクリアランスは十分あるが同様にボルト止めにする
 

まず、長めのM8ボルトを購入、60mmの全ネジタイプです。
純正のボルトは45mmで、ネジは途中までしか切れていません。

長くしたのは、ネジ先にネジが抜けないような仕掛けを工作するため。
全ネジを使っているのは、適当な途中までのネジが入手できないから。

純正の途中までしかネジのないボルトは、とても良くできていて、
ネジを締めつけ過ぎて、プラスティックのノブが破壊されないように
なっていますが、全ネジにすると、歯止めなく締めることができるので、
ノブが割れてしまう危険があります。

当初は、歯止めとすべく、ネジの根元にカラー(腹巻きみたいな筒)を
用意しようかと思いましたが、良く考えてみると、今回、ネジにスプリングを
つけて、クランプをネジに押しつける構造にするため、スプリングがカラー
として作用しますので、必要ないようです。

上が純正ボルトとクリップ
下が60mm全ネジボルトとスプリングとクリップ
Bromptonのフィンガークランプ純正(上)と交換ボルト(下)

スプリングのおかげで、ノブとボルト頭が離れないので、
ノブを手回しするのが、楽になります。

で、ボルトの抜け留めですが、ボルトの先端に小穴を空けて、
最初は、ワッシャーと虫ピンで、抜け留めを制作。

フィンガークランプの脱落防止加工まずは虫ピンで

これが一番格好良いのですが、ダウンチューブの折りたたみ部分には
この写真の相方部分のクリアランスがあまりありません。
フロントフォークをチューブ内でボルト留めしているためです。

前後輪を繋ぐアッパーチューブ部分は両側とも空洞なのでOKですけどね。
で、小さいボルトをねじ込むことにしました。

<12月23日追記>翌日、これでも少しボルトが干渉するので、最終的に
ワイヤーをボルト先に施工した穴に通してネジ溝に沿って1周回して固定しました。

虫ピンでクリアランスに問題があり、真鍮のボルト止めとする

ひとまず、一番の懸案事項が解決しました。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1247-89080094

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。