スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車ライト用のエクステンショングリップを検討 

2016年が明けました。
正月2日の本年最初の記事・・・特にあらたまったものじゃありませんが、

2016年の抱負を簡潔に:
2月に還暦を迎えます。 
信じたくないですが、

You got to FACE IT !! 気付かないフリをしてもどうにもならんのです。

年末には、BPPVで病院に駆け込みましたし、体調に注意も必要、
でも人生スローダウンにはまだ早い、 まだ頑張るよ!!って感じです。

で、具体的な『頑張り』の指標があった方がよいので、サイクリングで
房総半島の浦安~勝浦100kmの完走、関西でのビワ1(琵琶湖一周)と
さらに西でのしまなみ海道をリストアップすることにしましたよ。

ブログもそのための自転車の準備ネタ、チャリキャンプネタなどが多くなるかも、
ただ、実母の介護も、かれこれ終身施設で6年目。終盤に来ていますのでね。

で、まず、12月中旬に仕入れたハイブリッドバイクのための
フロントキャリーシステムについて。

輪行を考えた場合、バッグが手軽に着脱できると便利なので、
これを買いました。安いし・・・

現物を手にすると、一見、重くて頑強そうですが、
カセット式にキャリアをはめ込む部分については、
爪の耐久性に多少の不安ありですが
安いので、痛めば、買い直せばよいのかも? 

それより、フロント部分は、バッグをつけると、いままでハンドルバーにセットしていた
サイクルコンピューターやサイクルライトが使い辛くなります。

フロントキャリーシステムを取り付けてみるとハンドル回りに余裕がなくなりました。

特にライトについては、バッグで照らす方向が遮られますので、
対策が必要になります。

市販品で使えそうなものは、

このハンドルバーに取付けるタイプのもの


と、

前輪のハブセンターのクイックリリースのエンド側に
ナットに替えて取付けるタイプのもの

が、良さそう。

ただ、どちらも輪行では、収納に邪魔になるし、
前輪ハブにセットするタイプは、車輪をいたずらされる
リスクが増えるような??? 特に駐輪が多いので心配。

ハンドルバーにセットするタイプは、完全にライトの照射の
ための位置取りができるかどうか? 

しかもハンドル自体が全くの一直線ではなく、ウェーブが
ついているので、方向を定めるのが難しい。

ということで、2日程考えて、閃いたのが、これ
エンドバーの先端にDIYでエクステンションバーを差し込んでみました。
仮止めだけどハンドルのテープを巻いてみる
最大の利点は、先端がR状になっているので、ライトの角度を自由に
設定できます。 取り敢えずバーテープを仮止めしています。

フロントバッグをセットすると、この飛び出した部分はそれほど目立ちません。
バッグを取り付けた状態で、エクステンションにライトをセットして試しています。
ハンドルテープを巻く前ですが、エクステンションの取付け位置に赤線を入れています。
エクステンションバーの正体が解りますか?
エクステンションを仮付けの様子

ライディングポジションからのショット。
ライトとエクステンションバーを一体化し、エクステンションごと
エンドバーにアーレンキーでボルト留めできるようにする予定です。
エクステンションの取付位置

完成品は後日披露しますが、ここで、エクステンションバーの正体を
明かしておきます。

廃棄予定の雨傘の持ち手が使えそう壊れた傘の柄の部分でした。

エンドバーの内径にぴったりだったのと、

Rの形状がライトの角度調整に

丁度良く、材質が軽くて、

堅い樹脂製だったので

良い廃品の再利用となりました。

エクステンションバーとしては、

角度、長さがとても具合良く、

アクションカメラの取付けなども

できそうなので、

いろいろと活躍してくれそうです。








関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1252-36b814a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。