スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激安表示の自転車関連のあるネットショップを試してみました。 

激安のネット(専業?)の自転車ショップのHP、これcycle-yamadaを見つけました。
すぐHPが閉鎖になるかも知れないので、

魚拓としてHPのスクリーンコピーを何枚かとり、ワード文章として保存した後、
ONE DRIVEにアップロードしたものを、こちらに貼り付けました。




STRIDAのSX用18インチのタイヤセットをネットサーフィンしてヒットしました。
HPに????がいくつもありましたが(後述します)、カートに商品を入れて、申込みました。 

ちょっと詳しく電話で聞きたかったのですが、電話先もメールをくれた担当者の名前も
書いてなかったので、通信は、メールだけでした。

まず、ありきたりの自動応答メールが到着。支払について後日メールを送るとのこと。

2日後のメール:送り主の個人名なしで、
cycle yamadaです。 銀行振り込みをお願いします。
と、振り込み先に: 三菱東京UFJ銀行 支店 伏見支店 預金科目 普通 口座番号 ●●●●●●
受取人名 ラン シユンキヨウとの記載。

ランさんって、誰でしょうね? 

で、私は、『商品代引き希望です。Eコレクトでお願いします。』 と返信しました。
当初のカート機能では、支払手段を選択する機能が無反応でしたが、HPには
Eコレクトの記述がありました。

その私のメールは、どうやらスル―?黙殺されているようです。
それで、ここにいきさつをアップすることにしました。

HPによると、在庫のあるものしか展示していないという、珍しいネットショップなので、
急いで売ってくれても良いと思うのですがね~~~~~x1万匹

ということで、臆病者の自分としては、縁が無かったものと思い、深追いしません。
以下は、参考までですが・・・・

HPを良く見れば、変なところが数か所ありました。(利用されるのであれば、自己責任でよろしく)
列挙します

①破格の特売り価格:例えば、STRIDA 5.0SE ストライダ5.0SE 折りたたみ  ミニフロアポンプ その他付属
モデル: Ziten7+1843 65 在庫量 特価 27,911円(税込) 通常価格 87,222円(税込)
通常ならタイヤセットしか買えない価格までのでディープ割引!! 中華かラテンの商売のような臭いがします。
しかも全製品送料0円です。
(無料と書かずに、送料0円としています・・・ちょっと日本的じゃないです。)
しかも、ネット専業でありながら、このモデルを65台も在庫しているなんて、凄いですね!!!

私がポチったのは、これ
ストライダSX用 ホイールセット STRIDA SX 18" Wheel Set SX F R
特価 11,923円(税込) 通常24,840円(税込) 割引: 52%OFF
これじゃタイヤ代のみのコストです。 ホイール、チューブはどうしたのでしょう??

②HP上にカット&ペーストで移植したような痕跡:
画面に ―最新あさひ自転車 専門販売― という表記が前後の商品に関係なく表示されています。
HPのコンテンツを自分で作るのが面倒で、どこかから借用したのでしょうか?

③HP上に返品期日、発送業者に関する記載があるが、ページによって
相互に少し矛盾がある。 
別のところからバラバラに移植したのでしょうね。

④QA欄に着用がどうの、靴の箱がどうのと衣料品、装飾品を前提にした
説明があるが、取り扱い商品にそのようなものがありません。 
ここも転用したんでしょうね。 幅広い商売を展開されているのかも?

⑤通信販売では、特定商取引法の表記についてのモデルがあるが、
携帯電話も含めて電話番号表記が抜けている。

⑥会社概要に店舗運営責任者:山田 慎一(ネット事業部) とあるが、
ネット事業部以外の組織が見つからない。

とまあ、他にもあると思いますが、
興味のある方は、最初にリンクしたURLでご覧下さい。  

それなりに時間のかかったHPの仕上がりです。

私の注文番号は200番台後半でした。 
ショッピングカートシステムは今年からの運用のようですので、

新年から私以外に200名強の購入希望があったようですので、
その方々のご好運をお祈り致します。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1257-2e02d48b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。