フロントフォークを外して輪行するためのブレーキレバーとハンドルの形状 

ここまでハイブリッド(クロス)バイクを我流・趣味的に
昔のランドナーの仕組みを参考にして手を入れてきたが、

基本的な考え方は、ハイブリッドをベースにランドナーを作る、というわけではなく、
自分で輪行、ツーリングのし易い自転車にすることなので、

ブレーキとハンドル形状には、譲れない拘りがある。
ここで通常のランドナーの仕組みと違ってきてしまうのが悩ましい。

それは、譲れない点として
①ワイヤーが簡単に外れる(上抜きじゃなくても良いのだが)ことでフォークが外せる。
②ハンドルのグリップポジションがフラットバーの位置を含め複数あり、全てでブレーキが使える。
ついでに、できれば譲りたくない点として
③前後のVブレーキをそのまま使う。
これは、ロードで典型的なカンチブレーキの方がワイヤーをリリースし易いが、
ブレーキの効きの点でVブレーキの方が良いので、できれば、デチューンしたくない。

そうなると、①,②の両方を満たす必要があるため、定番のこれが採用できない。



これは、ブレーキワイヤーのクイックリリース機能があり、
フォークを外すには最適だが、フラットバーの位置では
ブレーキングができなくなる。

そのため、もう一台のロードタイプでは、わざわざフラットバーの
位置に補助ブレーキレバーを設置しているが、そうすると、
ワイヤーが簡単に外せなくなってしまう。

もちろん、このレバーを無理やりフラットバーの位置に取付ければ、
現状のチャクルのフラットバーから操作できるし、エンドバーからも
近いので、便利だが、 レバーの形状からして、フラットにちゃんとセット
できるかどうか、不安。(まあ次善の策にはなるかも)

そうなると、残るは、クイックリリースなしでワイヤーを上抜きし易いレバー
で、グリップのブレーキングポジションが複数あるもの・・・・というと

ギドネットレバー、これはネットで調べるだけでは、どれだけスムーズに
ワイヤーの上抜きができるか不明。 多少とも人柱的になる。



で、これに対応するハンドルタイプだが、ドロップハンドルよりも
ブルホーンタイプの方が合いそうな気がする。

また、バーの形状をギドネットに合うように調整できる、という点では、
ブルホーンそのものよりも、フラットバー+エンドバーでブルホーン化する
のが良いのでは?


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1282-67f55ee4