スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vブレーキローラーが到着したので早速着けてみる 

とっても単純な構造のアイデア商品。
Vブレーキに付けるバナナの代わりに着ければよいので、
試してみる。 思ったよりも偏心プーリーがちゃんと機能する。

ブレーキパッドとホイールのリムの隙間調整が少しやりにくい。

このVブレーキローラーで、Vブレーキの
レバーのままのクリアランスを維持できると期待したが、

少し隙間間隔を狭くしなければ、ブレーキの効きが甘くなる
ためだと思う。

調整中だが、ブレーキOFFの時に、少しパッドが擦れている状態だ。
もともと適当に使ってパッドが偏摩耗しているのも原因かも。

尚、レバー、ワイヤー、ブレーキローラーと交換したので、不具合が
どこで出ているか、解明に手間取ることもあった。

当初、フロントブレーキを引くと、レバーの戻りが悪く、ワイヤーが
どこかで引っかかっているのか? ブレーキローラーが原因か?

と解明に手間取ったが、なんと原因は、レバーの、この部分
左レバーはOKだったが、右レバーは、隙間が狭すぎて、ワイヤーの
タイコが引っかかって戻らなかった。
タイコが引っかかる
ギドネットレバーは、部品がアルミダイキャストじゃないので、
こんな華奢な不具合が出る。 ちょっとこじ開けるように広げて解決。

さらに、右からフロントホイールへのブレーキワイヤー(アウター)が
Vブレーキの右アームをセンターよりに押し込みがちで、調整が必要なようだ。

ブレーキ調整が面倒なようなら、現在のプランを組み直す必要があるかも?

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1286-e0402e39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。