ギドネットレバーに交換しフロントのVブレーキシューの調整に手間取った原因が思わぬところにあった 

素人が適当に自転車を弄ぶとこんなことも・・・・
という例ですが(自虐的・・・・)

数か月前に前輪のハブボルトを八角ナット止めから、
これに変更しました。


一番の理由は、サドルポストがワンタッチレバーだったので、
その悪戯/盗難防止のためにアーレンキーで回すタイプにすること。

ついでに前後輪とも、アーレンキーの方が作業が楽だと思ったこと。

ちなみに、これでワンタッチレバーに近い前輪の着脱もできるように
なりますが、私は、TANNUSタイヤがホイールやフォークに優しくないので、

タイヤが暴れても良いように、前輪の脱落防止ワッシャーを着けたままにしています。
着脱はひと手間増えてしまいますが安全重視。

で、今回は、この変更により、本来、センターボルトの締め付け位置に
注意しなければならなかったものを、従来のナット締めと同じ気分で、
適当にセットしてしまい、写真のとおり、センターボルトの左右の出っ張りが違う状態だった。

ホイールのセンターボルトが真ん中からオフセット

スキュアーで締めるということは、このセンターの中心の
空洞部分にボルトを入れて写真のボルトの端のところで
締め付ける、ということなので、ホイールがフォークの左側に
ずれてしまうことに・・・・

まあ、今回の作業の前から、Vブレーキ用のレバーのままで、ズレた状態で
鈍感にも使っていたわけだけど。

これをセンターに調整すると、当然ながら、ブレーキパッドも丁度良い位置に。
フォークとかホイールの歪みを疑っていましたが、凡ミスだった。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1288-a59edc1c