スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッド(クロス)サイクルのランドナー的自己流改造がほぼ完了です。 

ちょっと自己主張の強いゴールドのギドネットレバーをセットした
ブルホーン型ハンドル(フラットハンドル+エンドバー)。

シフトレバーをダウンチューブに移動、サイクルコンピューターも
センサーを後輪に移動。

ブレーキワイヤーを上抜きすれば、ハンドルとフォークが外せるようになりました。
ハンドル ブレーキがほぼ完成

ハンドル前のワイヤーの取り回しがほとんどなく、とてもスッキリしました。
フロントキャリアをセットするのが簡単そう。

改造は1ヶ所ずつクリアーしてから進む方式だったので
時間がかかりましたが、無駄な部品を購入することなく進めることが
できました。

本日届いたのは、Wレバー、チューブに台座が付いていないので、
バンドで固定するタイプを探しましたが、そのためなのか?
安い部品で、かつ、付属していたシフトワイヤーが短すぎます。
ひょっとして、子供用MTBの部品なのか?



自転車チューブが丸から異形が増えたため、バンド式の高規格のWレバーは
廃盤になった模様です。 今回できれば、3X6が欲しかったのですが、バンド式では
見つからず、フロントはフリクションの2スピード用ってことで妥協。
これで、3段動かせるかどうか?できなければ、2段で諦めますが・・・

で、このまま後輪のシフトレバーだけセットして、前輪用はワイヤーを外して、
久々に葛西のサイクリングロードを走ってきました。

改造以外にも必要に迫られて調整もしたので、快調!!
ギドネットレバーは、フルブレーキングをするときは、左右とも
全力で握り込めば、ちゃんと止まります。

Vブレーキ用レバーのように7割程握れば止まれるブレーキでは
ないけど、逆に前輪でジャックナイフになったり、後輪ロックしたり
しないので、慣れれば、ギドネット+ブレーキローラー+VブレーキでOKと思う。

今のところ、最大の違和感は、後輪ブレーキをかけると、ギドネットレバーの
戻りが遅い・・・・ゆっくりとレバーが戻ってくるのが心理的に抵抗となる。

前輪はワイヤーが短く直線的だからか、レバーの反応に問題ない。

今回、MTB用のレバーとギドネットレバーを比べて良く解ったことは、
MTB用レバーは、レバーそのものに復帰用のスプリングが入っていること。

これにより、ブレーキ操作は、とてもメリハリの効いたものに感じられる。
このスプリングのないロード系レバーは、ブレーキ本体の復帰力頼みなので、
戻りの力が弱い。

ワイヤーのインナー、アウターとも新品に交換し、グリスも塗ったら
少しは改善するか? それともノーブランドのVブレーキを交換すれば良いのか?

ちょっとペンディング

次回は、フロントのディレイラーが到着次第、フロントを2段、ないし3段変速に改造する。  
このときに、今回のwレバーのフロント2スピードが心配・・・
フリクションだけど3段には距離が足らないのか?




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1289-4ff0d5c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。