スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vブレーキローラーのセット方法に注意が必要だった 

ハイブリッド(クロス)バイクのブレーキ回りで、特にブレーキレバーの戻りが
鈍かった事象については大きな原因は、Vブレーキローラーによるものでした。

Vブレーキローラーの構造を考え、ワイヤーが余分な抵抗を生まないように
セットしたところ、スムーズになりました。

具体的には、写真を見た方が解りやすいので、
これは前輪の場合ですが、大事な点は、
Vブレーキローラーの偏心プーリーに対して、垂直に入って水平にでること

前輪側1

偏心プーリーといっても、ベアリングなしのとても薄い円盤なので、
左右にブレルと抵抗が増えます。 入り口と出口のところも
側面に擦れるとパワーロスになりますので、できるだけ、直線的に
入って出る、というのがポイント。

他の角度から見ると
前輪側2

後輪も
後輪側1
後輪側2
後輪側3

これで、随分とブレーキレバーの戻りが改善しました。
引く時は、多少のワイヤーの摩擦は握力で解決するので、
あまり変わりません。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1292-82110bf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。