スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッド(クロス)バイクでパンク 

Unluckyだ・・・
快調にランドナー的小細工を進めていて、しかも、パンクを警戒して
KENDAのすり減ったスリックタイヤをパナレーサーに交換したところなのに、

交換して2日目にパンク
江戸川堤防のサイクルロードの復路で空気圧の減りに気づき、総走行距離25㌔のところ、残り10㌔
を押して帰った。

近距離ではタイヤ修理キットとか携行していません。 修理の時間で押して帰れるからね。

でも、空気入れだけあれば、空気が抜ける都度ポンピングすれば、少し楽に帰れたかも???

それにしても、後輪だけノーパンクとしたチャクル、購入当初は両輪ともノーパンクだったし、
購入から1年で最初のパンクって、ノーパンクじゃない並の自転車と変わらないかも???

ということで、本日はサイクリングとウォーキングで良い運動になった。

おまけに、パンクした自転車を押して帰る途中、膀胱がパンクしそうで、
舞浜運動公園の公衆トイレまで、よく頑張った!!! 

膀胱のトレーニングにもなったな 
これ実は頻尿対策に結構大切なようですよ。

で、パンクしたチューブは、高圧で使うこともあるし、交換した方が確実、
且つ、修理キットのコストを考えても、交換が良いと思っているが、

今回は、昔から(数年~10年?)在庫しているパッチ、ゴム糊があるし、
タイヤレバーが出先で欲しくて、百均でパンク修理キットとして買ったものも
あるので、久々にパンク修理をしてみる。

細いチューブって、パッチを貼りにくいんだけど・・・・
百均のパッチでやってみると・・・・・ダメ、パッチが硬すぎて、チューブの円筒形
に沿って上手く接着しない。

そこで、うんと古いが、made in Japan、 MARUNI と表示のあるパッチを
使ってみる。 現在販売されているものだと、これだ。



正直、こんなに違うとは!! 簡単に修理できました。
流石、made in Japan !! いいね

尚、余談だが、学習したことを一つ、記録しておく。

パンク修理完了、ホイールのチューブとタイヤをセットしてポンピングすると、
タイヤが歪にバルブのある部分だけ膨らんだ???? ちょっとオカシイ。

チューブの空気を抜いてタイヤの上から押して動かしてみても改善しない。
また、バルブがナット締めをしていないのに、妙に押しても引いても動かない????

諦めてタイヤをバルブの周囲から外してみると、バルブの周囲のチューブゴムが
太くなっているところがタイヤーのビートとリムに挟まれている。

一番の原因は、ホイールのタイヤをセットしていく時に、バルブをホイールから
引っ張り出し過ぎて、チューブが挟まれやすくなっていたこと。
バルブをむしろホイールの外側に余らせ気味でタイヤをセットすれば、回避できる。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1294-41bea49a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。