FC2ブログ

軽1BOXの衝突で歪んだフロントホイールのその後 

歪んだフロントホイールは、とりあえず自作の振れ取り器で走行できる程度には
補正でき、それで房総縦走したわけだが、具合が良いわけではないので、

ALEXRIMSのホイールをヤフオクで購入したわけなんだが、
DIYが好きなので、とりあえず、もう少し調整したいのと、以前から思っていたことだが、
しっかりとした振れ取り器が欲しいと思っていたときにヤフオクで中古の出品があったので購入した。

c-330.jpg

HOZAN C-330、 製造が終わったみたいだけど、これ買っとけば間違いないでしょう。
しかも、27000円+送料1307円でゲットできた。

断っておくが、SHIMANO WH-R500を直すための購入ではない。

ALEXRIMSは購入しているし、その方が安く済む。
ただ、だめもとで、ぶつかって歪んだホイールがテンションの調整でどこまで
補正できるかは、試してみることにした。 理屈で考えても打撃系ショックでの凹みと

スポークテンションのアンバランスで生じる歪みでは、まるで形状が違うので無理と思えた。

しかもWH-R500のフロントは、20本スポークと、細かい歪みの調整にはスポーク間隔が
粗い。 ALEXRIMSのクラシックな32本の方が細かくテンションの調整ができる。

で、やって見たが、やはり1か所だけ幅1m~1.5mm程横ブレしていて、片側のスポークを
ブラブラするまで緩めて、反対側をニップルが壊れるまで締めてもブレが補正できない。

ゴムハンマーで横から打撃を与えた方が効果がありそう・・・やらないが。

まあ、3号車で駅前の駐輪場で左右のママチャリにガンガンぶつけられそうなところに
停めて主に街乗りで使うには問題ないので、そっちの用途に回すことにする。

それにしても、前輪をガチャとハガイジメにして、そのまま左右に倒れるのを前輪ホイールで
踏ん張るような駐輪場の構造って、良いホイールは絶対使えないと思うが、皆どうしてるんだろう。

閃いた!! あのガチャとハガイジメロックを上手く利用すれば、R500のブレが・・・・
あるいは、もう一度違う爺がぶつけてくれないだろうか・・・・なんて・・・いやいや今度こそ怪我しそうだからダメだ。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1315-1f44eb90