FC2ブログ

ミレーニアのカナリーヤシを調べる 

種から育てたカナリーヤシ。
ミレーニアの現在の場所に家を購入したのが平成5年。
第二期分譲。 実は第一期分譲で別のものを購入したが、
第二期で現在の場所に買い替えた。 

そこに新浦安で種子を採って育苗していたものを植えた。 
種子から現在で多分28年程経過している。 高さは4m弱。

平成5年(25年前に購入した家の庭に植えたカナリーヤシ3年2ヶ月前は⇒フェニックスの剪定後

今回初めて花をつけているのを発見。
カナリーは雌雄異株だがこれは雌花だと思う

よく見ると傍に枯れた花もあるので、昨年にも花をつけたのかも。
結実せず枯れた雌花

カナリーヤシは雌雄異株なので、これが雄株なのか、雌株なのか
結実するかどうかが決まるわけで、ネットでいろいろ調べてみた。

当初は、雌株なら結実するので、今年中に解ると単純に思ったが、
よく周囲を見るとそうはいかないようだ。

ミレーニアに第一期分譲より通い始めて30年程になり、敷地の中央の
公園を含め、周囲にもそこそこカナリーヤシがある(10本位)が、
結実したものを見たことがないのだ。 密集度が足らないのだろう。

新浦安などでは、街路樹として、恐ら100本は超えるであろうカナリーが
並んでいるので、毎年ありあまるほど結実している。

とすれば、我が敷地のカナリーヤシも結実せずに枯れるのが必至だ。
人工授粉を試みるしかないであろう。

とうことで、まず、本日は、結実したものを見たことのないミレーニアのカナリーヤシの
雄株、雌株の判断を我が敷地のものも含めてやってみることにした。
(結果、やはり我がカナリーは女の子だったというのも解った)

ネットにもほとんど参考になるものは無いが、唯一のヒントは、雄株の花は
『すすき状』で、雌株の花は『ほうき状』とういう表現と、その写真。

すすき と ほうき の形状って、なかなか区別が難しそうなんだが、いろいろな
カナリーの写真を撮って判別して見たのが、以下の通り

まずは、雄株 季節柄 元気な花を咲かせているものは無いが、花が落ちたて~枯れて
落ちる寸前のものまで
雄株すすき状
確かに↓は『すすき』っぽい。
枯れた雄株 すすき状

次は、雌株、 こちらは、我が敷地のものも含めると、
蕾の始め~開花直前~枯れてすぐ~枯れ落ちる直前まで揃った。
カナリーは雌雄異株だがこれは雌花だと思う
これが『ほうき』?↓
雌株これから咲く

雌株ほうき状

結実しなかった雌株

雌株ほうき状の枯れたもの

これで雄花をゲットして人工授粉できるかも????

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1316-359abc8f