FC2ブログ

庭木の植え替え 

購入から25年、玄関の進入路の両端に植えられているサツキは
手入れもせず、生き永らえているものや、枯れてしまったものなど色々。

ただ、せっかく生き永らえてきた3株を今回、撤去することにした。
エンジン付きの芝刈り機の動線に引っ掛かるためだ。

サツキを2株移植のために掘り返す

ミレーニアの土地は土が非常に硬い。粘板岩がごろごろしているからだ。
知らずに小さな苗などを植えても育たない位に粘板岩で遮られて
根が伸びる余地がないこともある。

カナリーヤシを植える時には、とてもガッツが必要だった。
今回は、粘板岩を砕くために新兵器を導入した。

これだ、日立工機の振動ドリル。 このようなプロ用工具は廃業や高齢による引退などがあり、
オークションで中古を安く入手できる。 使い方を知っていると便利にいろいろ流用できる。
今回は、これで、粘板岩を破壊しながら穴を掘るのに使った。

日立工機の振動ドリル

新品だと、これ



本格的に瓦礫を割るには、もっと強力なハンマードリルというのがあるが、
それは、大型でオーバースペックとなるので、振動ドリルを選んだ。

中古なので、ドリル付きで、新品のドリル購入代金程度で全てを購入できた。

ただ、今回のサツキの掘り起こしには、サツキ自体を植え替えるつもりなので、
根を傷めないように注意して掘り出したので、3株を掘り出すのに4時間程かかった。

別のところに移植するのは、穴を掘ってドンと載せるだけなので40分程で済んだ。

今回の振動ドリルの購入は大正解!! お勧めする。 4~5回使えば十分ペイする感じ。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1330-9a93a46b