掟破りの手抜きマーマレード作り 

麓の小さなスーパーで鴨川産の甘夏を買った。
下の方に書いた理由で、輸入物の柑橘類を食べる気を無くしたの
(興味のある方は後段も読んでみて)と、

更に自家製無農薬甘夏でのマーマレードを作りたいと思い、まずは、
購入した甘夏で、掟やぶりの超手抜きマーマレードを作ってみた。

先に出来上がりのショット
大量にできたのでゼリーとしてデザートにする

まずは、柑橘類に限らず、植物に使った農薬は、水洗いでは落ちない。
当たり前だ、雨で流れ落ちる農薬など売れないっしょ!!

そこで、湯煎と洗剤による洗浄。 洗濯用ネットに入れた・・・・

洗濯ネットに入れる

とここで、(これを読んだらひかれるとは思うけど) 折角ネットに入れたし、
湯煎が必要なら・・・・湯船に入れてお風呂を楽しんだ(爆笑)

そのあと、手抜き①洗濯機で丸洗い♪♪ 洗剤は洗濯用石鹸、健康のためを考え、
洗濯用合成洗剤ではなく、石鹸というのが重要。

さらに、その後、圧力なべで煮て、皮の内側の白い部分をスプーンで削いで、

中綿を除去

水切り後、手抜き②通常なら包丁で千切りだが、フードプロセッサーでみじん切り。
フードプロセッサー
みじん切り

食感が変わるかも?と一瞬思ったが、マーマレード単独の食感なんて味わわないよね。
トーストにつけたら、食感は、ほぼパンに依存するし・・・

それを更に水を加えて煮て(種を入れて煮るとペクチン代わりとかなんとか、良いそう
なので)、種をコーヒーフィルターの紙に包んで一緒に煮る。

種をコーヒーフィルターに包んで一緒に茹でる

グラニュー糖を適当に加え、

種を出してグラニュー糖を入れる

更に煮て、ゲル状になるまで煮るか、グラニュー糖を加えれば
良さそうだけど、甘過ぎるのも厭だし、煮過ぎて焦げるとダメなので、
途中で手抜き③ゼラチンを加えてトロ味を出して完了。コラーゲンだからヘルシーだし。

ゼラチンを加える


なんか、とても簡単にできた。


<以下は、何故輸入物を嫌ったか>

実は直近で家人が浦安のスーパーで購入してきた柑橘類に
大きなシールで『防ばい剤イマザリル使用』と表示があり、

何だ?と調べてみると防腐剤=防ばい剤の一種にイマザリルと
いうものがあり、日本ではこれらは使用禁止農薬だが、アメリカの圧力で
アメリカから輸入した柑橘類をはじめとする食品には、イマザリルを
はじめとする防腐剤が使われているのを国内に流通させているということ。

ちなみにこの農薬を食品添加剤と表現している・・・・・
もちろん、使用に際し、量的限度を設けていて、健康に影響無いとは言っているが。

あと、湯煎で濃度が34%に下がるとか・・・だから海外産柑橘類で作った
マーマレードも安全だとか・・・・

何度も東電から放射能漏れの嘘の数値報告ばかり受けて来た経験から、
こういった『毒だけど、量的に大丈夫V!!』ってのは、どうも・・・
避けれるなら避けたいところ。

ということで、今回の場合、柑橘類は国産のみを購入すれば、
この心配はせずに済む。 甘夏、ミカンはじめ、国産柑橘類には旨いものが
多いので全く問題なし。

さらに、マーマレードは甘夏で作る。 かつ、将来的には、庭に甘夏の木を
植えて、完全無農薬の皮を使えば完璧だ。

実は、このブログを書きながら、既に2年物の甘夏の苗を注文した。

これだ


















関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1339-d7e34ecf