ミレーニアの庭のカナリーは自然には受粉できなかったので人工授粉を試みる 

結局、以前アップした庭のカナリーの雌花は受粉していなかった。
GoodNewsとしては、同じタイプのカナリーの株を新浦安で見つけ、
それが結実していたので、我が家のカナリーが雌株であることは決定。

であれば、人工授粉・・・これって好奇心だけで実利ゼロだけど・・面白いので・・・
最初は花を咲かせた雄株を見つけ、管理人に事情を説明して雄花を切り取らせて
貰おうと思った。

それも面白いが、説明が必要だし、カナリーの木を詳しく知らない場合は
即答が貰えないし、OKが出ても脚立を運ぶ必要があるし・・・・ということで

もっと楽な方法を閃いた。

20180407_075622.jpg
25年ほど前、子供のために購入した
鯉のぼりのセットについていた
アルミのテレスコープ状の竿。

伸ばして3m弱ある。
その先にダスキンのモップを
固定し、花粉だけ頂戴する計画。

これなら、誰に説明することもなく、
短時間で花粉を採れるはず。

残念なのは、昨晩の大雨と強風で
花粉が既に離散している可能性大。

ともあれ、日程の都合があり、
今回は、これでやってみて、

次回以降、まだまだ機会があるので、
何度でもチャンスはあるはず。

この点は、季節性のなりヤシの利点。
冬以外は、何度でも花を咲かせる。

で、とりあえず、公園の雄株の花をゴシゴシ

20180407_081440.jpg

自宅の雌株にパタパタ

20180407_083108.jpg花粉の気配が全くないが
しばし様子見

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/1343-3880b25d