スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベバスト取付作業4(完了編) 

s-燃料タンク設置ベバストセット完了です。左の白いのが灯油タンク。
燃料ポンプ、燃料フィルターなどは、不燃性のスポンジ材で包んで、

右の写真に写ってない隙間に落とし込んでいます。
スポンジ材は、使わないで余っていたガスレンジフードの

フィルター用のものです。 右の白いタンクに巻いているのも
同じものです。セットする前に一応作動させて、問題のないことを確認。

s-燃料タンク燃料タンクの正体は、これ。 石油ヒーターのカセットガスタンクです。
右の灰色のものがステージアのトランク部の内張り内に収めていたもの。

今回は内張り内の厚みが足りませんので、左の薄いタイプを使います。
どちらも不燃ごみとして御近所で出されていたものをタンクだけ、お願いして

頂戴しておいたものです。 上下を逆にして、蓋を上、蓋の横あたりに
燃料ホースを差し込む穴を空ければ使えます。
燃料が灯油・軽油の場合のみですよ。 ガソリンでは、こんなに簡単には処理できません。

s-べバストSWベバストのスイッチの位置決めに悩みました。 とりあえず、仮設ですが、
2列目シートのシートベルト取付穴を利用して、固定しました。

下の内張りに穴をあけて設置すると綺麗ですが、内張り近辺は、まだ、
いろいろな装備をする予定です。 また、できれば、ルーフテントで

就寝している状態で、操作できる位置に設定したかったので、
この場所にしました。

s-べバストSW拡大アップの写真です。まあまあですね。
配線は、上下に続いている溝にはめて、

パテで埋め込むように固定しました。
このパテは、いつでも剥がすのも簡単です。

ベバスト設置は完了ですが、サブバッテリーの設置と、
サブバッテリーに走行充電できる配線がまだです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/461-9f77891d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。