スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助手席の解体 

ステップワゴン助手席助手席電動リフト化により、余ってしまった元の助手席を解体処分します。
そのまま有料の粗大ゴミとして処理場に出す選択肢もありますが、

解体して調べたいこともあり、鉄・プラスティック・スポンジ・布に
分けました。  思ったより解体は楽でした。 基本的にボルト、ネジを

外すだけで、切断なしでここまで分別できました。 写真はスチール部分。

スポンジ部分スポンジ部分。 以前にプラドの座席を解体した時には、

スチールに接着剤でベタ付けされていたので、大変でしたが、

今回は、ハメテあるだけでした。

梱包材のクッションにでも流用しましょう。

プラスティック部分ポリウレタンのパネル部分、

これも簡単。





シート生地このシート生地を外してみたかったわけです。 
生地に切れ目を入れることなく、

スッポリと外すことができました。
電動シートに被せて、シートカラーを揃えるか?(多分やらないけど)

運転席と共通パーツだったので、貼り替え用にキープするか?
検討してみます。 現在洗濯機で丸洗い中。

ポリウレタンは、家庭ごみ、スチールはスクラップ屋に持ち込んで無料廃棄、
スポンジは、梱包材に流用する予定です。

シートをそのまま保管するには、場所を取り過ぎるので、必要になれば、
中古で探すことにしました。 ステップワゴンは流通量が多いので、簡単でしょう。



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/476-b7c0afb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。