スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランギア・エヴァニュ用アダプター(爪付き)を揃えました。 

トランギアアダプター爪付き従来からある長方形型で、ペグなどの横棒で側面パネルから
穴をあけて設置するタイプに加え、スリットにそのまま差し込む

タイプを揃えました。 ユーザーさんからのご要望に答えたものです。
従来品と比べ、メリット、デメリットがありますので、

説明を用意しました。

トランギアアダプタをセットM3のパネルにあるスロットのうち、上の方に3ヶ所の爪を差し込めば
設置できます。  穴あけ作業、横棒の用意が不要ですので、楽です。

ただ、スリットの位置が決まっていますので、アルコールストーブの
高さの調整ができません。

従来タイプだと高さを好きな位置にセットでき、それにより、火力も、
『強』と『やや強』くらいの調整ができますが、爪付きの場合は、『強』
のみになります。

スリットの高さにトランギアトランギアを載せた内部全体が気化室のような作用をしますので、
トランギアの設置位置が低い程、気化室が大きくなり、炎が大きくなります。

また、高さがある分だけ、炎が暴れます。
炎の先端では、サイクロンのような状況。

高火力ですが、燃料の消費も早いです。

スリットから25mm上こちらは、+25mm上方にセットしています。 
五徳の先端部分から60mmの位置です。

炎は、強いですが、安定していて暴れていません。
この位置が風防としては、風を完璧に避けて、安定して燃焼できる

最適の位置かも知れませんね。
尚、今回はトランギアで試していますが、エヴァニュの場合、

トランギアより炎が小さいので、それぞれ少し弱い炎になります。

このように個人で好みの高さに設定して楽しむなら、従来のアダプターが
便利になります。 組み立ても、この方が楽です。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/483-562e771b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。