スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ鉄板の用途 

プチ鉄板の用途プチかまど及びオプション品については、
ガレージメーカー自身からの使用方法などは

控え目にしています。 理由は、ユーザーレポートの方が
説得力があると思うからです。  宣伝めいたアピールに力を入れても、

効果があるかどうか? 自分の場合、メーカーの宣伝文句は、あまり
信じないものでして・・・・  ただ、プチ鉄板については、

プチ鉄板にマグカップちょっと自分なりの変わった目的があって作りましたので、披露してみます。
焚き火で薪や炭を使う場合、結構せっかちなので、炎が落ち着くまで

待ちたくありません。 ただ、不完全燃焼のまま使うと鍋やヤカンが
真っ黒になってしまいます。 また火力も安定しないので、底の薄い

アルミコッヘル、ステンレス鍋などだと、食材が焦げてしまいます。
キャンプでもフライパンが必需品だと考える方も、1番の理由は焦げだと
プチ鉄板にコッヘルを載せて
思います。 でも、私の場合、どうしてもキャンピングカーに
フライパンを載せる気になれないので、コッヘルの底に厚みのある

鉄板を重ねて使おう・・・というのが、製作の意図です。
マグカップもコッヘルも、写真のようにプチ鉄板の上に乗せて使うと、

汚れもなく、熱も均等に伝わると思います。
プチ鉄板にコッヘル大を載せて乗せる鍋が大きい場合は、鉄板を裏返しにすればOK。

通常は、このような薄いコッヘルでは、薪や炭を使って炊飯することは
困難だと思いますが、鉄板を間に入れることで、やり易くなると思います。

炭火が落ち着けば、鉄板だけ取ればよいでしょう。
鉄板なら真っ黒に炭がついても、ステンレスたわしでゴシゴシやれば

簡単に綺麗になりますから。 食材を炒めるにも、プチ鉄板だけだと浅すぎて具材を落としますが、
コッヘルの中で炒めれば楽ですね。 

試しに近々、松ぼっくりだけで、炊飯してみようと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/484-2c62554c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。