スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GaragePickupcamperの製作検討品など 


Garage Pickupcamper のHPを作成しました。
←クリックしてご覧下さい。

s-P4180011.jpgガレージ立ち上げから今月で6ヶ月目に入りました。
調子に乗ってチタン製のプチかまどまで販売開始し、

バーストするか?と危ぶみましたが、焚き火愛好家の方々の
賛同を頂き、酸欠での死亡は、なんとか回避できました。

とは言え、好きでなければ続けられない状況が続いていますけど・・・・
ポケットティッシュを配っている方が効率が良いですが、面白いのでガレージメーカーを続けます。

何と言っても自分自身がキャンプ好きで、『こんなの欲しい・・・』と思ったものが
売ってなけりゃ、作っちゃえ  というのが動機なので、まだ続けるつもりです。

当然、焚き火台以外の道具でも、検討しているものがあるわけで、今回は、2,3点ご披露しちゃいます。
というか、面白いか、どうか、教えて頂ければ、参考になります・・・・コメント頂戴って言って、

ないと寂しいので、独り言のメモのつもりで・・・・

今回の製作予定は、これのアダプターと付属品。
言わずと知れた、コールマンの508A ガソリンシングルストーブ。

以前にバーナー(キャンピングコンロ)考:シングルバーナーで記事を書きました。
ガソリン式のシングルバーナーとしては、最もバランスの取れたお勧め品

だと思っておりますが、惜しい欠点があります。
ユーザーのほとんどの方が共感されると思いますが、火力に比べて
五徳がとっても小さくて貧弱です。
 
他にも欠点としては、ホワイトガソリンしか使えない、(レギュラーガソリンが使えない)点も
あると言えばありますが、この点は、自己責任で、レギュレーターが詰まるかも知れないけど、

レギュラーガソリンを使えばよいわけです。
正直、日本の精製度の良いレギュラーガソリンだと、あまり詰まるリスクは高くないと思います。


燃料についての私の考え方は、例えば、このあたりに詳しく書いていますので、ご興味があれば、どうぞ。

colemans502.jpg508Aの五徳の話に戻ります。 どれだけ五徳が小さいか、
過去の量販されたモデルと比べると良く解ります。

写真はColeman502。 事故でリコールされた短命の501の後に
販売されたこともあり、火力は控え目(実用には充分)ですが、

五徳は、現行の508Aより一回り大きなサイズです。
502の詳しい記事はこちらにあります。

さらに遡るとColeman500という機種もあり、五徳、タンクとも
圧倒的に508Aより大きいのですが、火力は508Aの方が強いです。

五徳そこで、仕方無く、セカンドグリルと呼ばれる商品などを購入して
対応していたのですが、やはり、より直接的に508Aの五徳を

より大きなものに交換できるようにしたい!!というのが発想です。
他の方のブログでも十字型の五徳を溶接で製作されている方も

いらっしゃいますね。

前置きが長~くなりました。GargePickupcamperの試作品は、これです。
508A五徳引出時508A五徳収納時
元々の五徳と置き換えるだけです。 基本構造は、元々のものと同じ。
その先端部分に折りたたみのできる羽根を追加したような構造です。

使い勝手とか、強度の試験をした後に製品化する予定ですので、
まだ暫くかかります。 仕様も変更するかも。

道具ネタ、面白いと思った人も、つまらないと思った人も、
まずワンクリックお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

面白いと思った方は、続きもお読みください。↓

五徳を拡大したのには、是非乗せたい物があったからでして、
ヒーターアタッチメントという名で、508Aのオプションとしては、

とても小さなヒートドラムがあります。 私も持っていますが、
この大きさでは、放射熱の広がりも、熱風の広がりもとっても不満です。

携帯には、軽い点では抜群ですね。 でも収納では嵩張るので、チョット・・・・
508A用のプラケースに本体ともども収まれば良いのですが、納まりません。

502w heatdrumヒートドラムとしては、写真の502が比較的知られていますが、

現行のヒーターアタッチメントとの違いが歴然です。

この502は、実用的サイズです、ちょっと大きいかも。

508のアタッチメントは、キャンプで使った写真がここにあります。


バルブ開放こちらは、更に大きいColeman500と

専用のヒートドラムを使って、

灯油で燃焼させているところ。

暖かそうですね。

508Aの五徳を延長したので、このような大きなヒートドラムを載せることが
できるわけです。 ただ、嵩張るのは嫌なので、

508Aヒートドラム収納時ヒートドラムの中に508Aを収納できるようにして、

ついでに円筒のドラム型からスクエア型にしてみました。

円筒型の方が製作が楽で、熱変形の心配もないのですが、

スクエアの方が収納の効率が良いので、チャレンジしています。

508Aヒートドラム使用時使用時のスタイル・見栄えに難点があるような気がします(汗;

まあ、プロト・タイプということで、これから少し工夫を・・・・????

実用性のチェックも必要ですし・・・・

見慣れると、何ともないかも????発想は、悪くない筈ですがね

ワンクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ



関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/485-948c27cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。