スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火床検証中 

火床 ありとなし準備中の火床のテストです。 チタンのプチかまど火床なし(左)
火床付き(右)で、燃焼試験をしてみました。

火床は、とりあえず、スリット状の穴を12ヶ所空けた厚さ0.8ミリの
スチールで試作しています。 これがオプションの廉価版になる予定。

加えて、チタンでも作成するつもりです。

いままで、ブログで紹介させて頂いていた、
コンパクト・組立式・焚き火台・ウッドバーニングストーブの
プチかまどですが、この度、garage pickupcamperのHPを作りましたので、
少し見易くなったかと思います。ご覧になって下さい。


ちっぽけなガレージメーカーを応援してやるぞっ
て方は、ワンクリックしてやって下さい。お願い!!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へにほんブログ村 アウトドアブログへ

You Tubeの動画にしました。 見れば解りますが、灰が溜まってくる前は、どちらも
綺麗に燃焼しますので、変わりがありません。 長時間の連続使用をした場合、

火床がある方が、燃焼材が灰に埋もれることが無いので、便利だとは思います。
普通の焚き火台だと、火床の穴からの空気の流入も効果的でしょうが、

プチかまどの場合、前方のかまど口が大きく開いていますので、かまど口からの
空気の流入だけで、充分ですので、あまり関係ありません。


火床の有無での効果は解りましたので、今度は、火床付きのみで、炭を足して、灰の落ちる
様子を検証します。

ちなみに、これ程の火力が必要な時って、大鍋かダッチでも乗せる時だけです。
これで焼き鶏などやろうと思うと、速効で炭になります。

これだけ燃やしても、炭は効率が良いので、あまり灰が出ません。
燃焼の末期
燃焼の後半です。 このくらいになると、焼き鳥ができますよ
炭の灰くらいなら、今回のスリットの面積で余裕で灰を落とせます。

炭も最後まで綺麗に燃焼します。 これ以上スリットを拡大すると、
炭火が暴れて、落ち着かないでしょうね

ただ、薪などを使うと、もっと灰が出るので、どの状況に合わせた
火床にするか???追加の穴あけは、ユーザー各自のDIYに任せるか?

欲しいと連絡を頂いた方々に直接聞いてみますか?


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/500-f28040a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。