スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスティンLで炊飯 

s-メスティンL プチかまどL 松ぼっくりで炊飯メスティンLに前回のカバーをセットしたもので、初めての飯炊きです。
良い機会なので、プチかまどL1(チタン製)と

燃料は、松ぼっくりのみで試してみます。
松ぼっくりは、煙や、ヤニがでるので、野趣たっぷり・・・・

いつもは炭起こしにしか利用していないので、
松ぼっくりの火力は良く解りません。 検証する良い機会です。

s-松ぼっくりに着火まず、着火マンで松ぼっくりに着火します。
ソロ用の炊飯なら、メスティンSとプチかまどM3で充分ですが、

メスティンLの鍋としての可能性をいろいろチェックしたいので、
あえて、今回は、メスティンLとプチかまどL1の組み合わせで

試しています。 メスティンLだと、米も2合位炊けば丁度良いのですが、
家人にもったいない、と却下されたため、1合だけ焚きます。
料理は、少ない量、小さい鍋の方が難しくなりますが、チャレンジしてみます。
尚、米は、好みの五分づきのもの(玄米と精米の中間)を使いました。

s-炊飯1結構煙が出ます松ぼっくりの炎が安定する前から、料理を始めます。
煙まみれで、こんなやり方だと、

容器に煤がいっぱいついてしまいますが、
キャンプだと、このような使い方の方が一般的でしょうから、

なるべく、実践的な方法でテストしてみます。

s-s-炊飯2火力は十分過ぎる炊飯の基本である『はじめチョロチョロ、なかパッパ』という
弱火から強火への移行も全く無視。 最初から鍋の後方は、

強い炎が溢れています。
炎が均等にあたっていない点が、結果にどう出るか? 

も興味のあるところです。

s-炊飯3火力安定炊飯の後半になって、炎が安定してきました。
仕上がりのタイミングを感知する方法は、

メスティンから出る煙の香りしかありません。
少し焦げた匂いが出始めると、完了の兆候です。

今回は焦げた匂いが出始めてから2分位弱火で待ちました。
松ぼっくりは25個程使いました。

s-s-蒸らすために反転炊飯を始めてから、15分で、かまどから降ろし、蒸らすために
メスティンを天地を逆にして、暫く放置します。 

メスティンには、ガルバニウムのカバーを付けていますので、
そのまま逆さにしても、蓋が外れることがありません。

矢印の位置のみ煤が集中せず、完全燃焼の炎が集中して
いたことが解ります。 このあたりの米がどうなっているか?

が、ポイントになりますね。 尚、このガルバニウムのカバーですが、
メスティンの蓋を密着させて内部の気密性を上げる、という目的には

あまり効果がないことが解りました。 メスティンの蓋が空気を密閉出来るほど
噛みあわせがしっかりしていないので、スカスカに空気が出ます。

気密性を上げるには、蓋にゴムシートでパッキンを作る、といった面倒な作業より、
オリーブオイルを塗るとか、アルミテープで目張りするとかが、簡単で良いと思います。

今後のテスト予定とします。
ただ、ガルバニウムのカバーは、メスティンに熱を均一に分散して伝える、という

意味では、そこそこ効果があるようです。

s-炊飯完成出来上がりのご飯です。 炊飯が成功か、失敗かは、
価値観の違いもあるので 私的には、ちょっと焦げたけど成功なのです。

左側が炊飯時に奥に位置していた場所です。
メスティンの内側の側面まで焦げ跡がありますので、

炊飯初期に無駄な強火で焦がしてしまったのが解ります。
右側のご飯は、底の部分も含め、ほとんど焦げ目が無い状態で、

ご飯は芯も残らず、美味しく焚けています。
初めてのメスティンLでの炊飯で解ったことは、

松ぼっくりでも火力が充分なこと。
炎の1か所集中は、焦げにつながるので、避けるべきこと。
炊飯時の匂いのみを頼りにすれば、旨くできること。

まあ、自分の場合、キャンプで白飯のみ焚くことは稀ですから、
他にもいろいろ試してみます。

ご飯なら焦げてもそれなりに楽しめますが、
焦げたら厳しい料理・・・・カレーとか、シチューなどは、メスティンのような

浅い容器では、難しいかも知れませんね。




















関連記事
スポンサーサイト

Comments

はじめまして☆

こんにちは
次回は誰が見てもバッチリうまくいきそうですね。2合で炊いたらうまく炊けてたりして。PRIMUS フォールディングトースターみたいなのを間にかましたりとか。
メスティンてそそりますよね。

ようこそ

少年ケッターさん、
ようこそ、
メスティン大小が上手く使えれば、かなりの軽量化ができるので、いろいろやってみようと思います。
次回は、メスティン大で、鯛飯かサンマご飯のような炊き込み飯にトライする予定です。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/520-36f1974f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。