スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し料理 完結編 最適の蒸し鍋 

今回の写真は、すべて楽天市場へリンクしています。
やっぱり、タジン鍋なのか? というと、そうでは、ありません。

前回説明したとおり、タジン鍋のままだと、食材が焦げる、という点の
証明のような商品で、日本的な配慮で、専用のすのこが付属する商品です。

国産で、有田焼と東洋セラミックスの表記です(どこまでが有田焼きか、不明です)ので、
耐久性も良好かも知れません。 割ってしまうリスクを考えると、お値段の12500円というのが、

アウトドアで使うには、辛いところですね。 重いでしょうし・・・・また、本当に必要なのは、すのこの部分ですので 


すのこのみ購入する、という方法もありますね。 これなら1000円未満です。
基本は、土鍋の内側にセットして使うわけです。

昨日購入して早速使ってみましたが、強い火力で加熱しても食材が焦げるわけもなく、
簡単に調理できます。  

ただ、土鍋もすのこも嵩張り過ぎて、すのこの上側のクリアランスが少ないため、
土鍋自体が充分に大きい、というか携行には、大きすぎる割に、充分な量の食材を入れることができません。


このような薄いすのことフライパン、フライパンの蓋を使って料理するのが、
アウトドア的であるかも知れませんね。

圧力なべに入れるタイプもありました。
ステンレスのザルで流用できそうです。 蒸し効果は圧力なべだと強力ですね。

圧力なべをアウトドアに携行すればの話ですが・・・

蒸籠(せいろ)を忘れちゃいけませんね。 アウトドアで使うと、東洋的でとても粋?
目立つこと間違いないですが・・・・嵩張って、壊れやすく、洗い難いので、

アウトドアに限っては、現実的ではありませんね。

結論は、このような、薄いステンレス製のもの。
左の写真に近いもので、高さがやや低い、浅底のものを購入しました。1500円程でした。

1段目は、普通の鍋として使えるので、嵩張るのは、
2段目の鍋だけと考えれば、OKではないでしょうか?

1段目と薄いすのこを使ってもできそうです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/535-b34a6057

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。