スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字台座を準備中 

十字台座十字台座を製作しました。
取敢えず商品化の一歩手前です。

パネルの厚さ2mm、総重量は2枚セットで、250g。
地表が平坦でない場所での火器の使用時に、安定した土台にすること、

地表を火器の熱から守ることが主目的。
雪面に打ち込んでも使えます。

十字台座パネル例によって、フラットパネルの組み合わせです。
パネルの構造を、地表への打ち込みができる形にしました。

台座の高さは、楔部分も含めて12cm。
キャンプ場の芝生の上でも芝生を傷めることなく使用できます。

台座を打ち込んだ場合、芝生に穴や、スリットのような切れ目ができますが、
芝生は、本来、生育を助けるために、スパイキングやスライシングと呼ばれる

手入れをしますので、芝生に多少の切れ目ができるのは、むしろ芝生の成長には好都合になります。
(でも、キャンプサイトの管理人に、その理解がなく、台座の使用を注意することがあるかも知れません・・
その時は、強行せずに、管理人の指示に従う方が良いですね。)

プチテーブル100均のステンレストレイをセットして
超小型のテーブルとしても利用できます。

地べたに直接に食器などを置きたくないこともありますよね。
写真の缶ビールとトランギアは、サイズの参考のためです。

ちょっと関連のない2品を選んでしまいました。(汗;

M3のベースL1のベース


M3を直乗せL1を直乗せプチかまどL1やM3は、トレイなしでもセットできます。
これから、実際にフィールドでテストを始めます。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/551-95efa72c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。