スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテンスタッグの六角柱BBQグリルを弄ぶ??? 

s-captain stag 六角柱グリル手持ちのキャプテンスタッグの折りたたみ式のBBQグリル・焚き火台です。
たまに通販で見かけましたが、もう製作していないようです。

かなりサビサビに見えますが、使用回数は4回程です。
スチール製なので、強い火力でガンガンやると、すぐに表面から酸化(錆が発生)します。

使用後に錆止め塗装でもするとよいのですが、何もせずに放置していました。

s-折り畳んでも中途半端六角形の折りたたみ式って、形が面白いので、自作でも検討するのですが、
収納を考えると、実は、あまりコンパクトにならないため、製作することがありません。

例えば、今回のBBQグリルの場合、底面の六角形がパーツの中で
1番大きなサイズになります。 そのため、側面パネルは六分割しても、メリットがでません。

ということで、側面パネルは、写真のように、2枚を拡げた形での収納ができる仕組みに
とどまっています。

底面と天板は、強度の関係から、2分割にするのは都合が悪いでしょうから、このような収納になります。
とは言え、収納時は、500×500mm程度、展開時は、高さ460mm、六角形の対角線420mmと

なかなか大きなグリルが上手く納まっていますので、大きな焚き火台を望む向きには、
優れた製品だと思います。 ちなみに個人的にCAPTAIN STAGって好きな銘柄です。

s-四角柱に改造でも、自分のキャンプスタイルがどんどんとコンパクト化して行くに連れ、
このような大型のBBQグリルは携行しなくなりますので、

少し改造して、小型化を図ります。 大幅な加工は、最初から作る方が良いので、
できるだけ、省力モードで解決したいと思います。

写真のように、6枚の側面パネルを2枚抜いて4枚で、六角柱から、四角柱に変更しました。

s-底板は新調、火床はカット上からみたところです。 210mm四方、高さ460mmの焚き火台に早変わり。
パネルを2枚抜いて(接合部の心棒を抜けば外れます)、はめ直すだけです。

火床は、当初の六角形の火床を切断しました。床板は、ガルバニウム薄板で製作。

これだけなら、収納時には、まだ側面パネル2枚分の幅になってしまいます。
それが面白くないので、追加で切り離せるヒンジ金具をセットするとか、

マジックフレームのような折りたたみ方法にするために側面2枚を縦に2分するとかの
効率の悪い方法まで考えていたのですが、本日やっと超単純な方法が閃きまして、工作を開始しました。

s-最大のポイントは、分解方法超単純でコンパクトな折りたたみ・展開のキーは、この矢印の先の鉄芯。
パネルを噛み合わせ、鉄芯を通すことで、蝶番の機能をしているのですが、

4隅にある4本の鉄芯の1本を、折りたたみ時に抜くことで、簡単に収納できる形にしました。
抜き安くするために尖端を90度曲げました。



s-引っ張り出してパネルを折り畳みます。こんな感じで、収納時には引き抜きます。








s-従来の半分以下のサイズに収納芯を抜くと、4枚の側面パネルは交互に折り重ねて畳めますので、
この通り、元の六角形グリルの半分の幅で収納できます。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

わっしも

工作意欲もりもりで今日もハンズでステンレスのパンチ穴板0.5mm厚を買うかどうかまよったんですが・・・

ステンレスの0.5mmくらいならハサミで切れますか?

ペグ用に直径3mmのステン丸棒は買ったんだけどこれも切るのと曲げるのしんどそう~~

( ̄○ ̄;)|||

銀ちゃんへ

>ステンレスの0.5mmくらいならハサミで切れますか?
これ、ホームセンターで売っているような一般用の金切りバサミでは、上手く切れないと思います。
プロ用のハサミなら切れると思いますが、ハサミが凄く高いですよ。諭吉さんが必要かも?
DIYなら、ディスクサンダーで地味に切って、切り口をヤスリがけで綺麗に仕上げる方がよいでしょうね。
ステンレスの硬さを痛感するでしょうけど。

>ステン丸棒
は、巨大ニッパーでもないと、折るのに腕が萎えてしまいます。(両手で持つような巨大なものです。普通の大き目のニッパーじゃないです)
 こちらは、ディスクサンダーで簡単に切れますけど。
ペグのように端を曲げるのは、内径が4ミリのステンパイプを2本使えば、梃子の原理で綺麗に曲げれますけど・・・
長さを綺麗に決めて曲げるのは、ちょっと面倒ですね。 長めのサイズで曲げてから、長さを揃えて切断する方が楽だと思います。
まずは、ステン丸棒でいろいろやってみればどうでしょうか?
慣れてくれば、いろいろ役立つものが作れると思いますよ♪♪♪

ありがとうございます

ディスクサンダーは持ってないのですが電動ドリルに安物のサンダー?(丸いヤスリ板)みたいなのがあるのでやってみます~

どこかの質問ページでベニヤ板にはさんで金のこで切ればというのもありましたがそんな長いバイスが無いので・・?

( ̄□ ̄;)|||

ほとんどの回答は近くの金物屋で加工したのを買うほうが安いですって・・

って、作る楽しみがなくなりまんがな~・・・・ねえ~

((ミ ̄エ ̄ミ))

DIYの楽しみはプライスレス!!

作る楽しみって一番大事ですもんね。
”ほとんどの物は、購入した方が安い”、というのは、金銭的にはその通りですけど。

>電動ドリルに安物のサンダー?(丸いヤスリ板)みたいなの

これ、ステン丸棒を切るには使えます。
板は、とても厳しいですけど。

>ベニヤ板にはさんで金のこで切れば

これは、アルミなら可能ですし、切り口が上下に波打たなくて済むと思います。ステンレスは、これをやっても切り口が綺麗になりませんし、バイスを複数買って、金のこ、ベニヤ、などを考えれば、安いディスクサンダー1つが2980円位で買えますので、その方が良いですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/562-f51467ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。