スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリキの練炭コンロでベーコン作り 

s-スモーカーに蓋昨日に底板を外したブリキ製の練炭コンロですが、
本日は、こんなことをやりました。

筒が空洞で二重になっていますので、それだけで保温効果がありますが、
更に段ボールを巻いて、保温効果を高めます。

この小さなスモーカーでベーコンを作ります。
小さなスモーカーほど、煙や熱を安定させるのが難しくなりますが、それを二重の筒と段ボールの保温で

上手くやろうとしているわけです。 上手くいけば、スモーク材も節約できますし・・・・

s-材料の麦豚材料は、珍しく高級な栃木の麦豚の肩ロース。
いつもは、格安の海外産の冷凍豚肉ですが、

今回は、閉店時間前の40%引きと、スモークに手頃な大きさの肩ロース肉に
惹かれて、選びました。 海外産の豚ブロックって、バラ肉が多いんですよね。

肉と脂のバランスは、肩ロースの方がベーコンには、向いていますから。
下味は、例によって最適なソミュール液に漬ける方法をとりました。 調味料があまり揃っていませんでしたが、

ニンニク、ナツメグ、白コショウ、それに砂糖と塩を1:2の割合でお湯に溶かします。
ソミュール液に2日半漬けて(1,2週間漬けたいところでしたが)、塩加減を確認しながら塩抜きし、

その後、一日半程、冷蔵庫で肉を乾燥させてから、いよいよスモークに進みます。

s-筒は段ボールで保温肉をタコ糸で吊るして、
ちょっと中心部分からオフセットさせます。







s-スモーク材に点火スモークウッド(さくら)を点火、スモーク缶を上から被せます。
昨日コンロの底を抜いたのは、このためでもあります。

このスモークウッドもスモーク缶の中心部から、肉とは違う位置にオフセットします。
肉の脂が落ちて、スモークウッドに火を着けるのを避けるためです。

あとは、温度管理、肉の温度が65℃を超えなければ、
0157やサルモネラ菌の殺菌になりませんので、重要です。

s-ベーコン出来上がり二時間半程で、できあがり、
肉には、火による焦げの発生もなく、とても綺麗に仕上がりました。

クリックしてアップでご覧下さい。
この練炭コンロを流用したスモーカー、楽でいいです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/564-4e1677e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。