スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプにロウソク? 

s-災害用ロウソク自分のキャンプ道具の中で、いつも携帯するか、しないか、
携帯しても、まず使わない・・・・という微妙な立場なのが、この災害用キャンドル。

LED式ライトが効率が良いので、キャンドルは不要かも知れないけれど・・・
やはり非常用となると、電池式以外にも、このベーシックな灯りは外せない気がします。

ただ、使う前に、ボロボロになって捨てる運命になることが多いので・・・・

市販なら、このような缶に入った状態のものが便利ですね。
この形なら、倒れないし、容量的にも長時間灯すのに便利そうです。

100均で丸い形の携帯灰皿を買って、ロウを詰めて使えるようにしたことがあります。
容量的に少し小さすぎるので、非常用には不向きな感じもしましたが、コンパクトで

携帯は楽でした。

s-災害用ロウソクこの非常用のロウソクですが、このままでは、携帯に不便なので、携帯時には保護ケースとして、
使用時には、ロウソク台となるようなものを作ってみることにしました。

不用品を再利用するので、材料費は、ゼロです。

利用するのは、このような化粧品の空きボトル。
ビール缶などに比べて、肉厚のアルミニウムが使われていますので、

今回の例以外でも、いろいろ使えます。
注意事項としては、スプレーガスが現在は、可燃性のプロパンが使われていますので、

ボトルを切断するのに、いきなり電動のサンダーなどで火花を飛ばすと爆発すること。
まず、不要な個所にハンドツールで穴を空けて、中に水を注いで、ガスを全て排出する
のが安全な方法です。

s-アルミケースをカットして2P8260007s-アルミケースをカットして今回は長めの筒にしました。
ロウソクのケースのみなら、

もっと短めの方が便利ですが、
ちょっと遊んでみますので・・・・

筒の大きさは、ロウソクがほぼピッタリ
入る程度で、仕立てたようです。

ライトオンロウソクを入れて、点火しました。
ロウソクの上辺が、筒の上辺とツライチになるようにセットしました。

ロウソクが溶けて短くなってきても、炎の高さが一定になるような
秘密の仕掛けも作りました。

っていうか、筒に水を入れて、ロウソクを浮かせているだけです。

これだけじゃ、面白くないので、筒の側面に丸穴をホールソーで空けてみました。

横穴式キャンドル夏休みの工作の宿題をやったような気分。
天井の蓋を工夫して完成させてみましょうかね。








関連記事
スポンサーサイト

Comments

ほほ~

浮かしますか~
ええアイデアですね~
持ってる真鍮のキャンドルランタンは
ばねで持ち上げるタイプですが溶けた蝋で目詰まりしてすぐに固着しますわ

中筒を入れて水で浮かすのも面白いかも~~

d(* ̄∇ ̄)。

お久しぶりです。

銀ちゃん、

暑いので、こんな小さな工作しかやれません・・・・

真鍮のキャンドルランタンは、キャンプで使ってますか?

はいな

って、北海道で使いました~

ソロだとキャンドルの炎にも

癒されます~

確かに

キャンドルでも焚き火でも炎の明かりって癒されますよね~~~

LEDじゃ癒されない情緒的なものが炎には、ありますね。

ごぶざたしております~
プチかま、活躍しておりますよ~♪

キャンドルは、いつも予備に携行しています。学生時代はキャンドルが日没後のテント内で食事を作ったりする際のメインの明かりでした。

たまにはキャンプでキャンドルを使ってみようかなぁ・・

ユウさん、お久しぶりです。

プチかまどのご愛用ありがとうございます。

キャンドルは、やはり予備としての扱いになっちゃってますね。

たまには、キャンドルの炎のゆらぎなどを楽しむのも良いかも知れませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://pickupcamper2008.blog60.fc2.com/tb.php/576-cc2b814a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。